週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集】《中日ドラゴンズ》ドラフト指名結果答え合わせ

 プロ野球ドラフト会議が終了して約半月が経過。ドラフト前に発売した『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』では、12球団の「補強ポイント&オススメ選手」を発表。果たして各球団は、それぞれの補強ポイントを補う選手を指名できたのか、今年のドラフトを総評してみた。

 今回は中日のドラフト答え合わせをしよう。


1.即戦力リリーフ

 「谷繁の後継者求む」と、毎年のように捕手の指名を......となる中日のドラフト。しかし実際は、即戦力リリーフ投手こそが、最大の補強ポイントだ。

 往年の投手王国の面影は消え失せ、特に岩瀬仁紀に代表されるリリーフ陣の高齢化に、歯止めをかけ、新しい血を流し込んでいる状況だ。田島慎二、福谷浩司、又吉克樹、岡田俊哉など枚数は増えてきたものの、安定した軸となる投手がいない。

 そこで高卒ながらも完成度が高く、リリーフなら1年目から出番がありそうな小笠原慎之介(東海大相模高)を1位指名。さらに2位で佐藤優(東北福祉大)、4位で福敬登(JR九州)など、即戦力リリーフ投手の指名に成功した。


2.高橋周平の刺激になる内野手

 出場機会を与えられながら、伸び悩んでいるのが高橋周平。首脳陣もファンも、その成長を待ちわびている。
 
 『野球太郎』では高橋への起爆剤として、同じ左打ちのスラッガー・谷田成吾(慶應義塾大)の指名を薦めていた。

 しかし、結果的に谷田は12球団どこからも指名なし。橋周平は自ら、自分の殻を破ることができるか、注目したい。


3.センターを守れる選手

 今季は大島洋平とルーキーの友永翔太が精彩を欠き、藤井淳志のFA移籍も囁かれる中日外野陣。

 今ドラフトでは一応、育成6位で渡邊勝(東海大)を指名。1年目から1軍でバリバリ活躍を求めるのは酷だろう。しかし先日、藤井は国内FA(フリーエージェント)権を行使せず、残留することを表明。ファンは胸をなで下ろしたことだろう。


4.二遊間の底上げ(高校生)

 今季は新人の遠藤一星が遊撃手として1軍出場を果たすも、ケガで離脱。二塁は亀澤恭平が結果を残したが、まだまだ全体的に底上げが必要な、中日の二遊間。

 5位で指名した阿部寿樹(Honda)は社会人の遊撃手で久々のスケール感がある選手。定評のある守備は遊撃を基本にどこでも守れ、打撃はこの1年で大きく成長した。器用な万能選手だ。


5.将来性のある高校生投手(素材型)

 今季低迷した中日のなかで、数少ない明るい話題といえば、高卒3年目で飛躍を果たした若松駿太。ドラフトでは彼に続く、将来性のある素材型の高校生投手を指名して欲しかった。

 1位指名の小笠原慎之介は素材型というタイプではないものの、早い段階から1軍で使われ、活躍する姿が、西川健太郎や鈴木翔太の発奮材料になる可能性もある。


《総合評価》B

 なんといっても地元のスター候補・橋純平を引き当てられなかったのは痛かった。しかし外れとはいえ、小笠原の実力や潜在能力は折り紙付き。さらに左腕ということで、橋よりも使い勝手の面ではチームのためになるかもしれない。

 1位以外は、高橋周平のライバル候補の指名もなく、中日恒例ともいえる即戦力重視ドラフトとなった。特筆すべきは3位で木下拓哉(トヨタ自動車)を指名できた点。今年のドラフト候補の捕手のなかで最も即戦力に近く、中日の正捕手争いのなかに割って入ることは間違いないだろう。


文=野球太郎編集部

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方