週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

DeNA絶好調の波を呼び込んだ!? 急上昇のキーマン・梶谷隆幸の信念の強さのヒミツに迫る


 振り返れば、5月の横浜DeNAベイスターズは15勝7敗1分と絶好調。あれだけの借金が5月23日には完済となり、巨人を下位に退けた。ひとえに今永昇太、石田健大の若手投手陣の台頭に尽きるが、5月3日の梶谷隆幸の前線復帰とチームが浮上し始めた時期が一致していることから、多くのベイスターズファンから急上昇のシンボルと認識されている。

アレックス・ラミレス監督の梶谷構想


 ラミレス監督のシーズン前の構想は、「梶谷は2番に定着させる」というものだった。俊足と攻撃のバリエーションの豊富さからすれば当然の考え方である。しかし5月終盤で梶谷は3番に落ち着き、ラミレス監督も5月下旬に入って「梶谷にはもっと自由に打たせたい」とコメントしている。振り返ってみれば2番での打率は1割台、3番での打率は.276をマークし、長打を視野に入れたバッティングスタイルが成績を残していることがわかる。


肉体改造


 そもそもここ数年の梶谷は、阪神の金本知憲監督がトレーニングを積んだ「アスリート」で自主トレを行い、自らに肉体改造を施している。これにより打球はより強く、遠くに飛ぶようになり、梶谷本人としても、より長打を意識した打撃スタイルにシフトしていたに違いない。

 しかしより長打のイメージを持つことによって三振も増加し、現時点で出場試合が倍ほどのホセ・ロペスと同数の25三振を喫するという弊害もある。

信念の強さからの「馬耳東風」


 梶谷の高校時代の恩師である元開星高校監督・野々村直通氏は、そのルックスや言動から「やくざ監督』として有名だが、その野々村氏をして「他人のアドバイスを聞き流すところがある」と言わしめたマイペースなパーソナリティーだ。信念の強さは折り紙つきで、自分の世界を持って求道的にバッティングに向き合うタイプと言えるだろう。関連はないが梶谷は開星高校に学業の特待生として入学しており、その点も野々村氏は高く評価していた。

 梶谷は日本球界のなかでもスピードとパワー、テクニックを兼ね備える稀有な選手であり、今後大きな故障などなければ、必ず球史に残る記録を残すことができる選手である。現在の投手陣の頑張りに加え、梶谷のトリプルスリーが実現されれば、DeNAにCS(クライマックスシリーズ)出場をもたらすことができるに違いない。


文=元井靖行(もとい・やすゆき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方