週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

独自表彰!大学野球ベストナイン2015――MVPに輝いたのはあのドラフト指名選手!

 春の全日本大学野球選手権は早稲田大、秋の明治神宮野球大会は亜細亜大の日本一。そして夏には侍ジャパン大学日本代表がこのカテゴリーで世界大会を初めて制覇する(ユニバーシアード金メダル獲得)など明るい話題の多かった2015年の大学野球。

 今回は、大学野球ベストナイン2015をライター・高木遊氏が選出した。


《ライター・高木遊選出! 大学野球ベストナイン2015》

投 手 大竹耕太郎(早稲田大2年)
捕 手 坂本誠志郎(明治大4年)
一塁手 遠藤 雅洋(亜細亜大4年)
二塁手 山崎  剛(國學院大2年)
三塁手 茂木栄五郎(早稲田大4年)
遊撃手 柴田 竜拓(國學院大4年)
外野手 中  稔真(上武大4年)
    山  俊(明治大4年)
    吉田 正尚(青山学院大4年)
指名打者 渡辺和哉(専修大4年)

《次点》
投 手 生田目 翼(流通経済大3年)、桜井 俊貴(立命館大4年)
捕 手 石井信次郎(東海大3年)
一塁手 丸子 達也(早稲田大4年)
二塁手 長澤 壮徒(上武大3年)
三塁手 M田竜之祐(専修大4年)
遊撃手 吉持 亮汰(大阪商業大4年)
外野手 大崎 健吾(流通経済大3年)、濱元 航輝(神奈川大3年)
指名打者 該当者なし

※春秋リーグ戦および全国大会、国際大会での活躍・印象度を基準にしています。

《選考理由》
【投手】

 春秋の早慶戦や全国大会の緊張感のかかる試合のほとんどで好投を見せた大竹耕太郎(早稲田大2年)。春は日本一、秋も明治神宮大会準優勝にチームを導いた。変幻自在の巧みな投球術にどこまで磨きがかかるのか楽しみだ。


 次点には春の大学選手権で活躍した生田目翼(流通経済大3年)と秋の明治神宮大会で活躍し、巨人にドラフト1位指名され入団した桜井俊貴(立命館大4年)の両右腕を選出。

 生田目は「公務員になりたい」発言(その後撤回)や指名打者での出場・活躍(秋の横浜市長杯)で異彩を放った。桜井は延長14回206球完投勝利(秋の関西大戦)や明治神宮大会最多タイの1試合18奪三振(1回戦・東北福祉大戦)でも話題を振りまいた。

【捕手】
 大学日本代表の主将として、チームをまとめた坂本誠志郎(明治大4年)。チームの精神的支柱としてチームを引っ張り、大学日本代表として初めてユニバーシアードで金メダルを獲得。ドラフト2位という高い評価を受け阪神に入団した。

 次点には石井信次郎(東海大3年)を選出。今春は当初、守屋元気(1年)に正捕手の座を譲るも、第4週の日体大戦で同期の丸山泰資とバッテリーを組み、完全試合を達成。秋は正捕手として明治神宮大会4強に導いた。

【一塁手】
 春はケガで出遅れるも、秋は5本塁打11打点の大活躍で最高殊勲選手を獲得した遠藤雅洋(亜細亜大4年)。守備でも、明治神宮大会決勝戦の延長13回裏1死満塁というプレッシャーがかかるサヨナラのピンチでの一塁ゴロを落ち着いて処理し、本塁併殺を完成させたのは見事だった。

 一塁手の次点には、春は大学選手権優勝、秋は明治神宮大会準優勝に導いた4番・丸子達也(早稲田大4年)。遠藤はHonda、丸子はJR東日本に入社を予定している。

【二塁手】
 攻守で球際の強さが際立った山崎剛(國學院大2年)。春のリーグ戦で定位置をもぎ取ると、打率.400で首位打者を獲得。秋にもリーグ2位の打率.396を記録。天真爛漫な性格も含め、今後の成長がとても楽しみな選手だ。


 春秋のリーグ戦通じて26打点を挙げた長澤壮徒(上武大3年)が惜しくも時点。「なにがなんでも走者を返す」という気迫が伝わる一打を今後も期待したい。

【三塁手】
 茂木栄五郎(早稲田大4年)は、春のリーグ戦で打率.390、5本塁打、大学選手権では打率.615、2本塁打8打点の大活躍で日本一に貢献。大学日本代表でも主軸として勝負強い打撃を発揮した。

 次点のM田竜之祐(専修大4年)は強打の専修大打線で4番に座り、東都大学リーグを46年ぶりに制する原動力となった。卒業後は日本新薬に入社予定。身長186センチの体格を生かし、さらにスケール大きく育ってほしい。

【遊撃手】
「守備の要」として期待されたユニバーシアードで、雨が降り続く悪条件の中でも無失策と固い守りを見せた柴田竜拓(國學院大4年)。また大学選手権で、その俊足と強肩(秋には投手として登板し146キロを計測!)を遺憾なく発揮した吉持亮汰(大阪商業大4年)も印象に残る活躍を見せた。柴田はDeNA、吉持は楽天に入団し、プロでの活躍も狙う。

【外野手】
 中稔真(上武大4年)は主軸&主将として、春秋全国4強の立役者となった。勝負強い打撃を入社予定の日本新薬でも期待したい。


 山俊(明治大4年)は大学通算131安打を放ち、高田繁氏(DeNA・GM)の持つ通算127安打という東京六大学リーグ記録を48年ぶりに更新した。ドラフトではヤクルトと阪神から1位指名を受け、抽選により阪神に入団することとなった。

 吉田正尚(青山学院大4年)は昨秋の入替戦で敗れたため、この1年間は2部リーグに活躍の場を移したが、秋に打率.400、5本塁打15打点で三冠王に輝いた。また大学日本代表の4番としてユニバーシアードで金メダル獲得に貢献するなど、2部ながらも存在感を示した。そして、オリックスにドラフト1位で入団した。

 次点には春の選手権で活躍し、チームを準優勝と3位にそれぞれ導いた濱元航輝(神奈川大3年)と大崎健吾(流通経済大3年)の2名を選出。最終学年となる来年にさらなる飛躍を期待したい。

【指名打者】
 渡辺和哉は(専修大4年)
は、入学直後に右肩を手術し捕手を断念するも、打者としての能力を最大限に生かしたのが今春。打率.324、3本塁打11打点を放ち、リーグ優勝に貢献。最高殊勲選手賞も獲得した。卒業後は社会人の強豪・JR東日本に入社予定。既に送球は問題ないほど右肩は回復しており、一塁手での出場の可能性もある。

【年間最高殊勲選手】
 そして、2015大学野球MVPは……

早稲田大4年・茂木栄五郎三塁手!!


 ベストナインの選考理由でも述べた活躍に加え、その「一撃必殺」の勝負強い打撃が全国大会やユニバーシアードで強く印象に残った。来年からは楽天に入団し、杜の都・仙台を熱く盛り上げてくれることに期待したい。


文=高木遊(たかぎ・ゆう)
1988年、東京都出身。幼い頃よりスポーツ観戦に勤しみ、東洋大学社会学部卒業後、スポーツライターとして活動を開始。大学野球を中心にアマチュア野球、ラグビー、ボクシングなどを取材している。高木遊の『熱闘通信(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buaka/)』随時更新中。twitterアカウントは@ you_the_ballad (https://twitter.com/you_the_ballad)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方