週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1950】なんと両軍合わせて35点! しかも2試合目も大乱戦に!

この日、大洲球場で行われた西鉄対東急の試合は、西鉄が22安打、東急が13安打を放つ壮絶な打撃戦となり、21対14で西鉄が勝利。両軍合わせて35得点は今も残る日本記録である。しかし、これだけでは終わらなかった。続けて行われた阪急対毎日も13対9(阪急の勝利)の乱打戦。結局、2試合合計で57点は、1日の同一球場での最多得点記録となった。選手は大変だっただろうが、得点シーンを多く見られた観客は普段以上に楽しめたに違いない。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方