週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

のちに全員がメジャーリーガー!伝説のファン投票初選出組となった1994年のオールスターゲーム!

 ファン投票、選手間投票に続き、監督推薦も発表され、出場全選手が出揃ったマツダオールスターゲーム2015。いよいよ、夢の球宴が間近に迫ってきた。

 ファン投票で選出された選手のうち、セ・リーグ勢では筒香嘉智、梶谷隆幸、山ア康晃(以上DeNA)、川端慎吾(ヤクルト)、會澤翼(広島)の5人が初出場。パ・リーグでは秋山翔吾、森友哉(以上西武)、バリオス(ソフトバンク)、松井裕樹(楽天)の4人が初出場となった。また、選手間投票、監督推薦も含めると、セでは合計12選手、パでは合計13選手が初出場選手。両リーグともに半数近くが初出場選手という、新しい時代の扉が開きそうなフレッシュな顔ぶれだ。いずれの選手も、今季、印象に残るパフォーマンスを発揮している。夢の舞台で臆することなく実力が発揮できれば、さらにワンランク上のスター選手に登り詰める契機となるはずだ。

▲ファン投票で最多得票を獲得し初選出となった森友哉(西武)


 さて、出場できるだけでも栄誉なオールスターゲーム。その中でも注目はやはり「ファン投票」で選ばれた選手たちだ。過去のオールスターゲームで、最も「ファン投票初選出組」が華やかだったのはいつだろうか?

 通算記録ではなく、「後の経歴」という意味でいえば、1994年にファン投票で初選出されたメンバーで間違いない。

〈セ・リーグ〉
藪恵壹(当時阪神)
新庄剛志(当時阪神)
松井秀喜(当時巨人)

〈パ・リーグ〉
伊良部秀輝(当時ロッテ)
イチロー(当時オリックス)

 顔ぶれを見ればピンとくるだろう。1994年オールスターゲームのファン投票初選出組は、全員が後にメジャーリーグに活躍の場を移した選手たちなのだ。また、監督推薦で初出場を果たしたメンバーの中にも、高津臣吾(当時ヤクルト)、斎藤隆(当時横浜)が後にメジャーリーグへの移籍を果たしている。

 この1994年はイチローがシーズン210安打を放ってブレイク。また、このオールスターゲームで、松井秀喜はレギュラーシーズンでも経験のない「4番」をプロ入り後、初めて経験した。これは今もなお史上最年少の記録であり、この大抜擢をしたのは当時ヤクルトの野村克也監督だった。そして、翌1995年に野茂英雄がドジャースに移籍し、後に続く選手たちの轍となった。1994〜1995年が日本野球の転換期だった、と言っても過言ではないだろう。

 今年のオールスターゲームは、第1戦が7月17日(金)@東京ドーム、第2戦が7月18日(土)@マツダスタジアムで行われる。初選出組はどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方