週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 広島みどころ】まさかの150キロが3人も出る可能性 野手も期待度高く強肩強打・山下を追う

投手編〜ハイレベル右腕の三つ巴!

河野佳
 本格派右腕3人の成長から目が離せない。センバツで自己最速の150キロを記録した河野佳(広陵)、昨秋の練習試合で151キロをマークしている谷岡楓太(武田)、復調しつつある最速148キロの“しなり系”桑田孝志郎(広島新庄)が、集大成の夏にどんな投球を見せてくれるのか。河野は球速以上にストレートの強さが格段にアップしている。左股関節の故障で春の登板を回避した谷岡は順調に回復中。筋力強化を継続しつつ、投球の中での脱力にもこだわってきた。練習試合では140キロ後半を計測しており、「夏は155キロを出す」と意気込む。秋は不調に苦しんだ桑田も徐々に勢いを取り戻しつつある。先の2人とは異なる、柔らかさとキレで勝負するタイプ。持ち味を生かした上での大台突破に期待したい。

 この3投手以外には、タフなメンタルと多彩な球種で打者に向かっていく井上愛斗(尾道)、春はロングリリーフで幾度もチームを救ったパワー系サイド・橘隼(如水館)、体重移動の感覚を掴み、140キロを超えてきた合路孝太郎(武田)、細身ながら高めに威力抜群のストレートを叩き込む沖田伊吹(三次)ら、右腕の好素材が目白押しだ。

 左では鋭角なクロスで攻める石原勇輝(広陵)、フォームがまとまった倉本凌(崇徳)の2人が、多くの伸びしろを持つ。
 技巧派では、巧みなコーナーワークで揺さぶる中間壮史(広島工大高)、進学校の快進撃を支えるタフネスエース・渡辺悠人(広)の両左腕が経験値で一歩リードか。春はベンチ外も、夏の公式戦デビューに向け着々と地固めをしている1年生左腕・秋山恭平(広島新庄)は、今後の台頭間違いなしの好素材だ。

野手編〜好捕手&広商のWスラッガー

山下尚
 ポテンシャルと公式戦の成績がついに噛み合いだした山下尚(如水館)が、「県ナンバーワン捕手」の座に君臨している。握り替えの早さが生む猛スローイング、強く振れるだけなく、追い込まれてからの“技”もある打撃など、攻守の完成度の高さは突出している。
 山下に比肩する存在が木村優介(広島新庄)。踏み込んだ左脚に全体重をぶつける打撃は迫力満点で、角度のある打球を連発できるスラッガーだ。地肩はあるものの、守備面では山下に水を開けられている印象。この夏は“捕手らしさ”も見せたい。
 15年ぶりに春を制した広島商の左右のスラッガーもハイレベル。4番に座る真鍋駿は同校には珍しいガッチリとした体格の長距離砲。引っ張り込んだ打球には、目を見張る強さがある。リードオフマン・天井一輝は高いコンタクト能力にパワーが上乗せされ、一振りの怖さが格段にアップした。

 はちきれんばかりのフルスイングを見せる小野祥嗣(武田)、甘く入れば軽々スタンドインの名越流星(崇徳)、無類の勝負強さで名門の4番を務める中村楓大(広陵)ら、右のロングヒッターの逸材も多数。左の巧打者タイプでは、思い切りのよさが光る上垣内俊早(市呉)、小技とミートセンスが頼もしい関洸太(尾道)を要チェック。
 昨秋の本塁打量産で注目度急上昇の2年生・間瀬場秋(高陽東)は来年の主役候補だ。

大会展望〜広陵一歩リードも“大本命”不在

広島地区勢力ピラミッド
センバツ出場の広陵が、戦力バランスで一歩リード。
計算できる投手を複数揃え、内外野の守りに穴がないことも“負けにくさ”を感じさせる。
若干の物足りなさを感じる攻撃面に、他校がつけ入ることができるかがポイントになりそうだ。
対抗筆頭が春準Vの如水館。
勝ちパターンの継投を確立し、右の強打者が並ぶ中軸をはじめとした打力も申し分ない。
秋春連続4強の崇徳、春優勝の広島商はディフェンス面に不安があるものの、攻撃力を武器に頂点まで駆け上がる可能性十分。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方