週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

File.063ケンケンフットワーク



捕球時の右重心を身につける

■練習法/2012年12月の愛知トレーニング交歓会で、中島佳宏先生(名古屋市立桜山中)が提案していたメニューだ。平行のラインを使った守備ドリルである。

 右足でライン上をケンケンしたあと、左足のカカトでもう1本のライン上に着地。ライン上には等感覚でボールを置き、打球を処理することをイメージしておく。

■狙い/捕球から送球時の重心を学ぶ。ポイントになるのは頭の位置だ。両足が着いたときに、頭が右股関節の上にあるようにしておく。はじめにケンケンをするのは、この意識を高めておくためだ。

 中島先生は「右重心」という言葉で説明していた。右重心で捕ることで頭が突っ込まずに、スローイングにスムーズに移ることができる。捕球時に左重心になっていると、頭が突っ込んでしまい、悪送球につながる可能性が高い。

 右重心を意識づけるために、ショルダーバックをかけるのもひとつの方法になる。左肩にかけておくと、バックが落ちないように右足に重心を乗せようとする。

■注意点/右足側に頭を乗せておくことを意識しよう。写真では首も傾いているが、中島先生曰く、はじめはこの意識でいいそうだ。


▲右足でケンケンしながら、ライン上を進む


▲右足に重心を乗せたまま、ライン上のボールに入る


▲右重心を意識づけるため、左肩にショルダーバックをかける

※こちらは動画はありません。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方