週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

DeNAに3億円プレーヤー・筒香嘉智誕生! 来年オフは1億円プレーヤーが続々誕生の予感!?


 先日、筒香嘉智(DeNA)が先日の契約更改で中田翔(日本ハム)の年俸を超える3億円でサインをしたニュースが話題となった。

 初のCS進出を果たし、新しい時代に突入したDeNAだが、2017年の契約更新はどのような状況なのか? 一流のプロ野球選手の目安となる「年俸1億円」から今年のDeNAの契約更改状況を見てみよう。

(年俸は推定額)

文句なしの3億円プレーヤー・筒香嘉智


 今年のプロ野球界、契約更新のニュースにおける最大のトピックは筒香の年俸3億円到達。今季は二冠王を達成し、文句なしの契約更改となった。この大台は球界を代表するスラッガーに与えられる勲章といっていい。

 振り返れば、昨年の筒香は初の年俸1億円を手にした。年棒の伸び率は昨年が前年対比で217%、今年が300%と驚異の伸び率となっている。

 さすがに来年の更改で300%以上の伸び率を見せるのは難しいと思われるが、仮に137%の伸び率ならば、現役の打者の最高年俸を得ている中村剛也(西武)の4億1000万に手が届く。

 ちなみにNPBの打者の歴代最高年俸は2002年、松井秀喜氏(当時・巨人)の6億1000万。松井氏のこの年俸まではまだまだ大きな差がある。


来年誕生待ったなしの1億円プレーヤー


 昨年、今年と大幅な成長を遂げ、来年の契約更改では1億を突破すると思われる選手がDeNAには2名いる。一人は満身創痍ながらもCSでチームをリードし続け、「熱いCS」を象徴する活躍を見せた梶谷隆幸だ。

 今年の契約更改では惜しくも1億目前の9300万でのサインと報じられている。だが来季も、今季と同様の活躍を見せれば1億円超えは間違いないところ。今季の出場数は108試合だったが、来季、フルシーズンでの出場と本塁打増でトリプルスリーなどが見えてくれば、年俸が倍増してもおかしくない。

ニューヒーローも来年の契約更改で1億超え!?


 来年の契約更新での1億円超えが見込めるもう一人は山崎康晃だ。2014年のドラフト1位で新人王を獲得し、今季は33セーブを記録。今年の契約更新は8000万円でサインしたと報じられている。

 チームにおける信頼感はもちろん、CSなどでファンが見せた「康晃ジャンプ」のように、ファンからの人気ぶりからすると、すでに1億に達していてもおかしくないと思えるほどの存在感がある。来季も30セーブ以上を挙げることができれば年俸1億超えは間違いない。


まだまだ抱く1億円プレーヤー誕生の予感


 今年の契約更改の状況から、今後の大きなステップアップが期待される選手はまだまだいる。そのうちの一人は今年のCSでも重要な役割を果たし、チームをファイナルステージまで引っ張った井納翔一だ。シーズンの成績は7勝11敗と負け越してしまったものの、来季こそ勝ち越しての2ケタ勝利を達成し、エースの座を手中にすれば、次の契約更改での1億超えは期待できる。


文=元井靖行(もとい・やすゆき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方