週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《プロ野球コスパランキング》野手編・年俸から1三振あたりの金額を割り出してみた【ワースト10】

《野手編・1三振の値段ワースト10》
(8月31日現在で50三振以上を記録した野手対象)

1位 李大浩(ソ)  5,882,353円
  85三振 推定年棒 5億円

2位 中村剛也(西)2,567,568円
 148三振 推定年棒 3億8000万円

3位 松田宣浩(ソ)2,156,863円
 102三振 推定年棒 2億2000万円

4位 中田翔(日) 2,040,816円
  98三振 推定年棒 2億円

5位 ゴメス(神)  1,923,077円
 104三振 推定年棒 2億円

6位 メヒア(西)  1,374,046円
 131三振 推定年棒 1億8000万円

7位 畠山和洋(ヤ)1,111,111円
 81三振 推定年棒 9000万円

8位 柳田悠岐(ソ)1,084,337円
 83三振 推定年棒 9000万円

9位 山田哲人(ヤ)879,121円
 91三振 推定年棒 8000万円

10位 丸佳浩(広)841,121円
 107三振 推定年棒 9000万円


各球団の主砲がズラリ!


 ワーストランキングには、各球団の主砲クラスがズラリ。やはり、長打力と三振の多さは表裏一体ということなのだろう。

 トップはソフトバンクの李大浩。5億円という高年俸のためこの順位となっているが、三振数自体はこの5人の中では最も少ない。9月26日の対ロッテ戦で放った一発で、自身初の30本塁打に到達した李大浩は、年俸に見合うだけの仕事をしていると言っていいかもしれない。


西武勢がベスト、ワーストともに席巻


 三振数のコスパでベスト、ワーストともに目立つのが西武勢だ。9月26日終了現在、チーム三振数は12球団ダントツの1156個。

 ベストで紹介した森や浅村以外にも、中村剛也、メヒアが100三振以上。確かにパワフルな打線はチームのウリでもあるのだが、改善してほしいと願う西武ファンも少なくないはずだ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方