週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

木田優夫vs原辰徳。野球ができる幸せを噛みしめる、最後の一球を見逃すな!

 3月4日、巨人vs日本ハムのオープン戦(札幌ドーム)で、ある野球人の引退式が行われた。その野球人とは、昨季までBCリーグ・石川ミリオンスターズに所属し、惜しまれつつ現役を引退した木田優夫日本ハムGM補佐だ。

 今回の引退式では、木田GM補佐が日本ハム時代の背番号「42」をつけて投手としてマウンドに上がり、巨人の原辰徳監督を打席に迎えて「最後の1球」を投じた。捕手は木田GM補佐と同い年で、今季も選手兼バッテリーコーチとして現役を続ける中島聡(日本ハム)が務めた。

 日米8球団に所属した木田GM補佐だが、プロ野球選手の第一歩は1987年に入団した巨人。そして、NPBの球団と最後に契約したのが、2010年から3年間所属した日本ハムだった。


 昨年9月に所属していたBCリーグ・石川で華々しく引退試合を行ってはいるものの、「やはりNPBで最後の舞台を」ということで日本ハムから巨人に打診。原監督がこれを快諾して、古巣2球団による引退式が実現することになったのだ。

 木田GM補佐と原監督は、巨人時代に9年間、現役を共にしている。そして、当時の“木田投手”は、プロ野球選手として大切な心構えを“原選手”から教わったという。

 自著『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』の中に、そのエピソードが収められている。一部抜粋しよう。

《ある試合で僕が打たれた後、「自分の好きなことでこれだけ悩めるのは幸せなことだ、というのを忘れるな」と言われた。以降、打たれて凹んだ時は、「野球ができてることは幸せなこと」という原サンの言葉を思い出す》

 木田GM補佐にとっては、この引退式が「野球ができる幸せ」を実感できる最後の機会になるのかもしれない。


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方