週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【猛暑の納涼企画! プロ野球の怖〜い話】神隠しにあった梶谷隆幸(DeNA)に球界一の霊感の持ち主

文=落合初春

【猛暑の納涼企画! プロ野球の怖〜い話】神隠しにあった梶谷隆幸(DeNA)に球界一の霊感の持ち主
 涼しい夜風の吹く盆明けにも、怪談話がうってつけ。プロ野球界で本当にあった怖〜い話を紹介したい…。

グラウンド上での神隠し


 人が突如として、姿を消す“神隠し”。グラウンド上でもその怪奇現象は起こる。

 2015年8月18日、DeNA対ヤクルトの試合で怪奇現象は起きた…。5回表、ヤクルトの先頭打者・雄平が放った打球はライトフェンス直撃か? という大飛球。しかし、DeNAの右翼手・梶谷隆幸がジャンプ一番、打球をキャッチした。

 その瞬間、梶谷がグラウンドから消えた…!

 なんとフェンスの扉部分が施錠されておらず、バックヤードにそのまま転がり込んだのだった…!

 実は梶谷、これ以外にも奇怪なプレーを数多く起こしており、「消えたセカンド」と呼ばれる事件も…。不思議な事件を呼び寄せる体質のようだ。

プロ野球界イチの霊感の持ち主


 プロ野球界で最も有名な霊感の持ち主といえば、昨年までロッテの投手コーチを務めた落合英二(現韓国・サムスン投手コーチ)。

 中日で同僚だった山崎武司はその恩恵に預かった一人。4〜5本のバットを並べ、どのバットを使えば打てるのか聞いていたという。ときには別の選手のバットを使うように“予言”されることもあったそうだが、そんなときは決まって本塁打…。すさまじい霊感だったようだ。

 真偽はわからないが、同僚の成績やケガを言い当てることもしばしばあったという…。

背筋も凍る激痛


 1992年、バルセロナ五輪で台湾代表のエースとして銀メダルを獲得し、鳴り物入りで阪神に入団した郭李建夫。ある日、郭李に悲劇が襲い掛かった…。

 7月26日のヤクルト戦、飯田哲也の放ったピッチャーライナーが郭李の股間を直撃。郭李は声にならない声を上げながら悶絶し、そのまま救急搬送。左睾丸がソフトボール大に腫れ上がり、登録抹消になった…。

 近年、危機一髪だったのは、楽天の美馬学。2014年4月29日のロッテ戦、1回表にピッチャーライナーが股間を直撃。真っ青な顔で倒れこみ、緊急降板となった。

 そのときのコメントは「駄目です。やばいっス。死にそう。今日は勘弁してください」。

 男性にとってはある意味、幽霊よりも背筋が凍る。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方