野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

江夏豊は15連続奪三振? 延長21回? あのレジェンドの記録は? オールスターゲームのアレコレ

2017-07-04(火)12:00

江夏豊は15連続奪三振? 延長21回? あのレジェンドの記録は? オールスターゲームのアレコレ

 セ・パ両リーグの錚々たる選手たちが一堂に会するオールスターゲーム。1リーグ時代には、ホームタウンを東西に分ける形で行われていたが、2リーグ制に移行した翌年の1951年からはセ・リーグ、パ・リーグの選抜対抗戦という形態で開催されるようになった。以後、現在までそのスタイルが維持されている。
 
 今年の開催地は、第1戦(7月14日・金)がナゴヤドーム、第2戦(7月15日・土)がZOZOマリンスタジアム。ファン投票、選手間投票、監督選抜も含めた全出場選手が決定し、機運も高まっているが、その前に、オールスターゲームのちょっとしたトピックを紹介しよう。

(カッコ内は当時の所属球団)

◎「江夏の9連続奪三振」が最高ではない?


 「オールスターゲームの連続奪三振記録は?」と聞かれれば「江夏豊の9連続」と答えられるファンが多いだろう。しかし、それは見方を変えると正解ではない。たしかに阪神時代の江夏は、1971年のオールスターゲーム第1戦で先発し、1回から3回まで9人の打者すべてを三振に切って取っている。

 ただ、実は前年の第2戦の登板を5連続奪三振で終えており、さらに翌年の第3戦でも最初のバッターから三振を奪っている。これらをつなげると、江夏の記録は「15連続奪三振」ということになるのだ。なお、通算の最多奪三振記録は金田正一(元国鉄ほか)の84奪三振。

 ちなみに、打者の連続打席三振記録は、江藤智(元広島ほか)が1993年の第2戦と1995年の第1戦で喫した4打席連続三振。通算の最多三振記録は清原和博(元西武ほか)の40三振だ。

◎1試合で5イニング投げた?


 オールスターゲームで、ひとりの投手が1試合で投げられるのは3イニングまで。これもファンの常識として定着しているだろう。しかし、そのルールが破られたケースがあった。

 西武球場で行われた1982年のオールスターゲーム第2戦。6回を終え5対4で全セがリードという局面で、その最少点差を守るべく全セの4番手として7回からマウンドに上がったのが斉藤明夫(元大洋)だった。斉藤はいきなり1点を失い同点とされるも、その後は両軍譲らず延長へ。

 1982年当時は「試合開始から3時間を超えて新しいイニングに入らない」という延長戦ありのルール。そして、1試合あたり最長3イニングという投手の投球回数規定も、延長の場合はその対象外という決まりもあった。

 控え投手がいなかったこともあり、結局、斉藤は7回から試合終了となる延長11回までの5イニングを投げきったのだ。

 なお、1992年以降は「9回で打ち切り、延長戦なし」となっているため、斉藤の「1試合5イニング」は、現行のルールが改正されない限り、この先もオールスターゲーム最長記録として残ることになる。

 ついでに紹介すると、オールスターゲームの試合自体の最長イニングは、1952年第1戦の延長21回。4回表に全セが2点を先制するも、6回裏に全パが蔭山和夫(元南海)の2ラン本塁打で追いつき、そのまま両チームはこう着状態。延長21回、2対2のまま日没のためゲームセットとなった。


◎強打者が残したオールスターゲームの記録


 最後に、球界の大物スラッガーたちがどんなオールスターゲーム記録を保持しているか、紹介していこう。

■王貞治
 最多試合出場:58試合
 最多四球:33四球

 王貞治(元巨人)といえば、誰もがイメージするのが本塁打だが、オールスターゲームの通算最多本塁打記録は山本浩二(元広島)の14本塁打で、王は13本塁打(清原和博と並ぶ2位タイ)。なお、ONとして球界をリードしてきた「相方」の長嶋茂雄(元巨人)は、17年連続ファン投票選出とさすがの人気を誇ったが、意外にもこれといったオールスターゲーム記録を樹立してはいない。

■野村克也
 最多出場回数:21回
 最多安打:48安打
 最多二塁打:15二塁打
 最年長出場:45歳

 公式戦出場3017試合という野村克也(元南海ほか)の記録は、2015年に谷繁元信(元中日ほか)に抜かれるまでは歴代トップで、オールスターゲームも常連。最多安打記録を持っているのはさすがだ。45歳で出場した1980年は、第3戦に代打で出て、そのままマスクをかぶった。

■イチロー
 最多連続フル出場試合:17試合
 最多連続試合安打:11試合連続安打
 最高打率(50打数以上):打率.394
 最多連続打席安打:5打席連続安打

 日本での現役9年間で、オールスターゲームに7回出場しているイチロー(当時オリックス/現マーリンズ)。50打数以上の最高打率.394、5打席連続安打など、イチローらしい記録を残している。

 なお、渡米後もメジャーリーグのオールスターゲームに10回出場していて、2007年には史上初のランニングホームランも放っている。

■清原和博
 最多打点:34打点
 最多MVP:7回
 最多三振:40三振
 最年少本塁打:18歳11カ月
 最年少MVP:18歳11カ月

 MVPを7回も獲得し「オールスターゲーム男」「お祭り男」の異名をとる清原。その反面、公式戦の歴代最多三振記録(1955三振)も持っている選手らしくオールスターゲームでも豪快なスイングで三振を重ねた。

■松井秀喜
 最多連続試合本塁打:4試合連続本塁打
 日本で10年間プレーした松井秀喜(元巨人ほか)は、オールスターゲームに9回出場。最多記録となる4試合連続本塁打は、1997年第2戦、1998年第1戦、第2戦、1999年第1戦と、足掛け3年に渡って達成した。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 江夏豊は15連続奪三振? 延長21回? あのレジェンドの記録は? オールスターゲームのアレコレ

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.