週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

畠山和洋(ヤクルト)が15年目でやっと獲得!初受賞者が続く月間MVPの傾向と歴代記録を振り返る

 日本プロ野球機構(NPB)は7日に6月の月間MVPを発表した。

【セ・投手】マイコラス(巨人)※初受賞
【セ・打者】畠山和洋(ヤクルト)※初受賞
【パ・投手】武田翔太(ソフトバンク)※初受賞
【パ・打者】秋山翔吾(西武)※2度目

 セ・リーグでは来日1年目のマイコラスが4試合で3勝1敗、防御率1.16の好成績が評価された。また、畠山は打率.378、8本塁打、23打点でリーグの月間三冠王。意外にもプロ15年目にしての初受賞だった。


 一方のパ・リーグでは、武田が1完封を含む負けなしの3勝で防御率1.00と圧巻の成績。そして秋山はリーグ1位の43安打、打率.448という文句なしの数字で、今年の3・4月度に続く2度目の受賞となった。

2015年月間MVP受賞者の傾向とは?


 ここで、今年ここまでの月間MVP受賞者を振り返ってみよう。

【セ・投手】
3・4月度/高木勇人(巨人)※初受賞
5月度/大野雄大(中日)※初受賞
【セ・打者】
3・4月度/梶谷隆幸(DeNA)※初受賞
5月度/筒香嘉智(DeNA)※初受賞

【パ・投手】
3・4月度/大谷翔平(日本ハム)※初受賞
5月度/ディクソン(オリックス)※初受賞
【パ・打者】
3、4月度/秋山翔吾(西武)※初受賞
5月度/李大浩(ソフトバンク)※4度目(2014年6月以来)

 見ておわかりの通り、今年の月間MVPはほとんどが初受賞者である、という特徴がある。例外なのは5月の李大浩だけだ。まさに新旧スター交代の時期にさしかかっているといえるのではないだろうか。

 では、歴代スターたちはどの時期に初受賞を果たしたのか? 月間MVPの歴史を振り返ってみよう。

初代受賞者はあのスラッガー


 月間MVPの制度がスタートしたのは1975年のこと。MLBのプレイヤー・オブ・ザ・マンスを手本として、まずセ・リーグで始まり、1979年からパ・リーグもこれに続いている。

 当初は投手部門・打者部門とはわかれておらず、リーグ内の全選手から1名が選ばれていた。そのため、第1号受賞者は一人しかいない。その栄えある人物は1975年4月に受賞した田淵幸一(当時阪神)。1975年の田淵といえば、43本塁打を放ち、王貞治の14年連続本塁打王を阻止した年だ。シーズン序盤からの好スタートが念願のタイトル奪取に結びついたことがよくわかる。

最初の「2回受賞者」は? 最高齢初受賞者は?


 今回、秋山将吾が2度目の受賞をしたわけだが、歴代ではじめて複数回受賞した選手は誰だったのか? 正解は中日時代の星野仙一。1975年9月と1977年8月にそれぞれ受賞している。

 また、今回の受賞者トピックスとしては畠山が15年目にして初受賞したことが挙げられる。では、過去において「もっとも遅い初受賞」は誰だったのか? それはヤクルトの先輩である宮本慎也。2011年4月に「40歳5カ月」で初受賞を果たしている。ちなみに、このとき、宮本と受賞を争ったのが皮肉にも畠山。6本塁打、打率.372を記録したが、打率.400をマークした先輩に席を譲った格好に。もし、このときに受賞していればプロ11年目で受賞できていたわけだ。

 ちなみに、“初受賞”関係なく「最高齢受賞者」は、中日の生ける伝説・山本昌。2008年8月に43歳0カ月で受賞している。野手での最高齢受賞者は和田一浩(中日)で、2014年7月に42歳1カ月で受賞した。

 一方、「最年少受賞者」もこれまた中日勢。1987年8月にデビュー戦でノーヒットノーランを飾った近藤真市が18歳11カ月で受賞。また、松坂大輔(当時西武)も1999年7月に18歳11カ月で初受賞を果たしている。ほかに高卒ルーキーで月間MVPを受賞したことがあるのは、セ・リーグでは2013年8月の藤浪晋太郎(阪神)、パ・リーグでは1986年9月の清原和博(当時西武)がいる程度だ。

歴代最多受賞者はMLBで活躍するあの男


 月間MVPの獲得はスターへの第一歩であることは間違いない。だが、安定して長期間成績を残してこそ真のスターといえる。では、過去に最も多く月間MVPを受賞したスーパースターは誰なのか?

 2013年に24勝0敗という成績を残し、5カ月連続(5月〜9月)受賞という荒稼ぎをした田中将大(当時楽天)で決まり。通算12回は、2位のイチロー(当時オリックス)の10回を越えて、文句なしの1位だ。もっとも、イチローも7年連続月間MVP受賞という連続記録を持っている。MLBでもスターになれる選手は、やはりNPBでも抜けた存在だった、というわけだ。


 シーズンは折り返したところ。後半戦では歴代受賞者たちが奮起するのか? さらなる初受賞者が生まれるのか? はたまた最年長or最年少記録を更新する選手が現れるのかにも注目して、月間MVP受賞者をチェックしてみることをオススメしたい。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方