週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

巨人キャンプにゴジラ・松井秀喜氏が2年ぶりの襲来! ホークスとのOB戦にも参戦決定!!

菅野智之が巨人の投手史上4人目の選手会長に。9球団で刷新の選手会長から気になる3人をフォーカス!

 巨人のOB、松井秀喜氏が2月から始まる古巣の宮崎キャンプを訪れ、臨時コーチを務めることが球団から発表された。

 松井氏の巨人キャンプ訪問は2年ぶり3回目。前回の訪問は、高橋由伸監督が現役を引退し、指揮官に就任した2016年だった。観客も多数来場していたキャンプ前半の日曜日、高橋監督のご指名で、松井氏はファンに向かってあいさつ。

「小さいお子さまは『あなたは誰なんだ?』と思っているんじゃないでしょうか。一応、昔、ジャイアンツの選手だったんです。そして、高橋監督とチームメイトでした」

 笑いを交えたスピーチでスタンドを沸かせた。もちろん本職の打撃指導も精力的に行った。メジャーリーガーの打ち方を引き合いに出すなど、松井氏ならではのスタイルで、主力から若手まで、多くの選手にアドバイスを送った。

 高橋監督を始め首脳陣、選手にとっても心強いOBのキャンプ参戦となるはず。そして、ゴジラスピーチが今回も実現するなら、キャンプを訪れたG党への最高のファンサービスとなる。

滞在予定は1週間


 松井臨時コーチの宮崎滞在は、2月6日(火)から12日(月・祝)までとなる予定。10日(土)は休養日だが、キャンプ地のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われる「ジャイアンツvs.ホークスOB戦」に出場する。休みなしのハードな7日間となるが、後輩たちのため、一肌脱ぐ覚悟はできているに違いない。

 2015年に就任したヤンキースGM特別アドバイザーは、今年も継続。巨人キャンプでの日程を終えたのち、渡米して向こうの選手たちの指導を行うことになるのだろう。

ゴジラパワーで捲土重来


 1月15日には、史上最年少での野球殿堂入りが決定。2013年には長嶋茂雄終身名誉監督とともに国民栄誉賞も受賞しており、現役引退後も野球人としてスケールアップを続けている。

 昨年はスケジュールの都合もあってキャンプの来場はなし。そのためか(?)、巨人は11年ぶりのBクラスに沈んだ。今年こそ、ゴジラパワーの後押しで、覇権奪還を図りたい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方