週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018モデルチェンジの男たち】俊足ルーキー・熊谷敬宥(阪神)がスイッチヒッターに挑む!

【2018モデルチェンジの男たち】俊足ルーキー・熊谷敬宥(阪神)がスイッチヒッターに挑む!

 打者のモデルチェンジといえば、その最難関はスイッチヒッターへの挑戦だろう。

 12球団のなかでスイッチヒッターの育成に積極的なのが阪神だ。現在の所属選手では西岡剛と植田海がスイッチヒッター。西岡はロッテ時代からスイッチヒッターだが、植田はプロ2年目の2016年から左打ちに挑戦。2017年には大和(現DeNA)も左打ちに挑んでいる。

スイッチヒッターに挑む期待のルーキー


 今季の開幕に向けて、スイッチヒッターへのモデルチェンジを試みた阪神の選手が2名いる。

 一人はルーキーの熊谷敬宥だ。仙台育英高時代は、内野手として上林誠知(ソフトバンク)や馬場皐輔(阪神)らとともに甲子園に2度出場。立教大では大学日本一になるなど輝かしい経歴を誇る期待のドラフト3位選手で、ウリは俊足と大学ナンバーワンと評された二遊間の守備だ。

 となると、やはり課題は打撃。本来は右打ちだが、ドラフト指名後にはスイッチヒッターへの挑戦を球団から打診され、習得へ向けて励んでいる。

 開幕は2軍スタートとなったが、ひと足先に始まったファームの公式戦では、両打席に立ち、タイムリーを放つなどモノにしつつある。左打席での打撃をものにすれば、足を活かした内野安打も増えてくる。スイッチヒッターへの挑戦で、選手としての幅がより広がったのではないだろうか。

スイッチヒッターを目指すも断念


 スイッチヒッターに挑戦したもう一人が江越大賀だ。こちらは昨年の秋季キャンプから、スイッチヒッターを目指しバットを振る毎日。春季キャンプからオープン戦が始まっても、両打席に立っていた。

 しかし、3月半ばには、本来の右打席に専念することを決断。チーム内でも1、2を争う俊足の江越だけに、左でも打てるようになれば、本人のため、チームのためにもなると判断しての首脳陣のアイデアだったが、やはりそう簡単ではなかったようだ。

 とはいえ、反対打席から投手を見たことで、打者として成長できた部分もあったはず。持ち味である豪快な打撃のさらなるレベルアップを期待したい。


選手は日々モデルチェンジを繰り返す


 スイッチヒッター挑戦はかなり大掛かりなモデルチェンジだが、そこまでではなくても、打席での足やグリップの位置から、足の上げ方やバットの出し方に至るまで、ちょっとしたマイナーチェンジを繰り返している選手は多い。

 それは、少しでもアベレージを上げるため、もっと遠くへ飛ばすために他ならない。いつも応援している選手の見慣れた打撃フォームでも、よく見てみると、昨季からモデルチェンジしている部分が発見できるかもしれない。

(※写真は立教大時代の熊谷敬宥)


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方