野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

鳥谷敬(阪神)に鈴木大地(ロッテ)。コンバートが奏功した意外なゴールデン・グラブ初受賞

2017-11-16(木)0:00

鳥谷敬(阪神)に鈴木大地(ロッテ)。コンバートが奏功した意外なゴールデン・グラブ初受賞

 ストーブリーグが本格化。プロ野球をめぐる報道も選手の移籍や契約のニュースでもちきりになっている。

 そんななか、スマホのニュースアプリを見ていたら「ゴールデン・グラブ賞発表!」とあったので覗いてみた。すると、いきなり菊池雄星(西武)の名前が!

 西武ファンの筆者はたまらなく嬉しかったが、読み進めていくと「おや?」と思う受賞者が見受けられた。

 今回は「気になるゴールデン・グラブ賞受賞者」にスポットを当てる。

◎野球人生まだまだこれから


 まず琴線に触れたのは「平成のミスタータイガース」鳥谷敬(阪神)。「初受賞」とあったのでクエスチョンマークが浮かんだが、すぐに「三塁手としての初受賞」ということを理解した。

 鳥谷はルーキーイヤーの2004年から、遊撃一筋でプロ生活を送ってきた。しかし、昨季は「1軍公式戦600試合連続フルイニング出場」の金字塔を打ち立てたが、成績的には自己最低レベル。期待の若手・北條史也の台頭もあり、シーズン途中で12年間守ってきた遊撃の座を追われてしまった。

 さらに今季のキャンプでは、金本知憲監督から「遊撃のレギュラーを任せることはない」と通告をされ、三塁手の道を歩むことに。

 しかし、この逆風を受けて開き直ったのか、今季は打率.293と持ち直し、NPB史上50人目となる2000安打を達成。肝心の守備でも143試合すべてに出場した上で9失策と上々。堂々の「初受賞」につながった。

 鳥谷は37歳。そのまましぼんでもおかしくない苦境で見事に復活を遂げた。遊撃部門で4度の受賞歴を誇る鳥谷だが、今回の「初受賞」は格別だろう。

◎生きる道を見つけたカモメ


 続いては鈴木大地(ロッテ)。昨季までは鳥谷と同様に遊撃を務めていたが、持ち前の打撃を生かすため、今季から本格的に二塁にコンバート。これが実り、プロ入り6年目にしてうれしい初受賞となった。

 近年のパ・リーグの遊撃手といえば、まず今宮健太(ソフトバンク)の名前が挙がる。抜群の身体能力を生かした守備はダイナミックかつ正確。今季を含め、ゴールデン・グラブ賞を5年連続で受賞中だ。

 この若き守備の名手に対抗するとなると、なかなか厳しい。しかも、鈴木はチーム事情で二塁や三塁に就くこともあったため、遊撃の印象が薄くなるデメリットもあった。

 しかし、今季は二塁コンバートが奏功した。プロ入り後、初のポジションで全試合に出場し、失策5。初受賞に何の疑問も沸かない。

 もっと早くコンバートしていたら……と思わないでもないが、何がベストなのかわからないのが人生。鈴木はまだ28歳だ。来季は井口資仁新監督が三塁へのコンバートを明言している。さらなる進化を遂げるであろう鈴木の未来に期待したい。


◎チームも自分も下克上


 最後に切り込み隊長として下克上に貢献した桑原将志(DeNA)を挙げたい。中堅の守備が評価され、初の勲章を手にしたが、高校時代は遊撃手。もともとは内野手として期待されていた。

 しかし、プロに入って慣れない二塁を守ったために送球イップスに陥ってしまう。思うようにプレーできないなか、危機感を振り払うように、活路を求めて外野に挑戦したのだ。

 その後、登録も外野手に変えて心身ともに切り替えると、年々出場機会が増加。昨季、133試合に出場してレギュラーの座をつかむと、今季は全試合に出場し、初受賞に至った。

 理由が理由だけに、コンバートはプロ野球選手として最後の賭けだったはず。厳しい世界で生き残るには、大博打も必要と知らしめた。

 この賭けに勝ったことで、桑原はさらに成長するだろう。来季以降も受賞を重ねて、この初受賞がひとつの通過点だったと思わせてほしい。


◎新たな持ち場でも活躍できる野球力


 プロの世界で慣れ親しんだポジションに居続けられる選手はほんのひと握り。実績の乏しかった桑原はもとより、鳥谷や鈴木という主力選手でさえ、チーム事情によってはコンバートされる。

 あらためて厳しい世界だと感じるが、それだけに今回のゴールデン・グラブ賞受賞者を眺めていてトップクラスの選手のすごさを思い知らされた。

 ありきたりな言葉ではあるが、持ち場を失っても立ち上がるプロ野球選手はかっこいい! この言葉を「初受賞」のはなむけに贈らせていただきます。


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#2
  3. 鳥谷敬(阪神)に鈴木大地(ロッテ)。コンバートが奏功した意外なゴールデン・グラブ初受賞

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.