週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 福井みどころ】有望左腕の筆頭・上ノ山は球速伸びれば 先輩・栗原に続け!石川に12球団視察だ

投手編〜上位校に好投手左腕が揃う

注目投手 上ノ山倫太朗

左腕に好投手が多い。
その筆頭となるのが上ノ山倫太朗(啓新)だ。
伸びのあるストレートに「必殺」スプリットを武器に三振を量産する。
非凡な打撃センスも持つが、将来性としてはやはり投手。
常時140キロ以上に伸びてくれば、指名が視野に入ってくる。
帰山慎(坂井)は春からエースとなった成長株。
球速は130キロ台だが、キレがある。
春季県大会決勝で完封勝利を収め、評価が上がった。
スローカーブが冴え、120キロ台のストレートを速く見せる加藤実里(福井商)、伸びのあるストレートと変化球の出し入れで試合を作る斉川隼大(金津)、低めに球を集めて失点が少ない若泉柊斗(北陸)らは、いずれも春季県大会の上位進出に貢献した。

 また、2年生ではストレートが魅力でスカウトが熱視線を送る玉村昇悟(丹生)、投打でスケールが大きい木下元秀(敦賀気比)、キレがある多彩な変化球を駆使し、安定感がある投球を見せる上間洸太(敦賀気比)と多士済々だ。

 サブマリン・武盛智樹(福井工大福井)が大きく成長した。
大きく曲がるスライダーが目立っていたが、そこへストレートが常時130キロ後半を計測するようになった。
この先の成長次第ではプロ入りも見えてくる。
「未完の大器」炭本祐満(若狭)は187センチの長身でボールに角度がある。
春は故障したヒジを完治させるために投球を控えたが、夏は全力での投球が期待できる。
服部雅大(福井高専)はがっちりした体格の持ち主。
そこから放たれるストレートは県下隋一の威力があり、まだ伸びしろがある

野手編〜甲子園経験者たちが順調に成長

注目野手 石川雅晴

注目の捕手・石川雅晴(坂井)が順調に成長してきた。
「バズーカ砲」といえる肩とパンチ力ある打撃が魅力。
そこへ逆方向への打球が増え、巧みさが備わってきた。
全12球団のスカウトが視察に訪れるなど俄然注目度が高くなった。

 下級生時代に甲子園を経験した選手の成長が目覚ましい。
2年前の経験者・山内佑真(北陸)は、広角に打ち分ける技に加え、体がひと回り成長し、長打力がついた。
また、春から二塁を守るようになり、将来に向けて可能性が広がった。
山本隆広(北陸)は強力打線の4番を担う。
スイングの速さは県内屈指、ひしゃぐ(押し潰す)ように叩いた打球はスタンドに届く。
畑岸滉(坂井)は冬季の鍛錬の成果が現れ、パワーアップした。
打順は下位だが、春季県大会決勝の満塁本塁打は記憶に新しい。

 俊足選手に目を向けてみる。
猪奥理希(福井工大福井)は一塁を回ってからの加速力が素晴らしく、普通なら二塁打の当たりを三塁打にしてしまう脚力はスカウトも目を輝かせる。
水町和葵(福井商)はセンター返しを中心とした打撃が特徴で、二遊間へ転がすと内野安打にしてしまう。
増永光希(啓新)は外野の守備力に注目。
一歩目が早く、球際にも強い。
幾度もピンチを救うスペシャリストだ。

 かつて「NOMOジャパン」に選出された逸材・杉森圭輔(敦賀気比)が最後の夏を迎える。
持ち前の豪快な打撃を発揮してほしい。
 2年生では高原侑希(福井工大福井)が強肩強打の遊撃手で、来年度の注目選手だ。

大会展望〜実力伯仲により混戦が予想される

福井 勢力ピラミッド

近年公立校が力を付けてきた。
昨夏に続き今春の県大会覇者・坂井は投攻守でレベルが高い。
今春の準優勝校・福井商は試合運びが巧く、また夏に強い。
そこに金津が台頭し、昨秋の優勝に続き今春もベスト8。
持ち前の打力に加え試合運びにソツがない。
公立3校に加え、上位に長距離砲を揃える福井工大福井、豊富な投手陣と勝負強さのある啓新の私立2校の優勝争いとなるが、強力打線を誇る北陸、投打でタレントを揃える敦賀気比も力差がなく、激戦が予想される。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方