週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

カープ女子のみなさん、前田智徳はおもしろいおじさんじゃないんです。スゴい侍だったんです

カープ女子のみなさん、前田智徳はおもしろいおじさんじゃないんです。スゴい侍だったんです

 時はオールスターゲーム。某放送局のTwitterで、同局の解説者を務める広島OB・前田智徳のつぶやきが配信されていた。

 このつぶやきからは、和やかな放送席の様子やオンエアの裏側が垣間見ることができ、なかなか秀逸だった。特に前田のコミカルな一面には思わずにやけてしまう。ファンならずとも一見の価値はあるだろう。

 そんなつぶやきをニヤニヤしながら見ていると、スマートフォンを覗き込んできた妻がこう言った。

「このおじさんおもしろいよね」

 筆者は一瞬、我が耳を疑った。

「このおじさん? おもしろい?」

 侍、孤高の天才と称され、選手生命の危機に瀕する大ケガを幾度も負いながら復活し、神とまで言われたあの前田。それを、おもしろいおじさん扱いとはなんたる事だ……。

 一瞬、頭に血が上りかけたが、冷静に考えると妻の発言には納得がいく。というのも、妻が広島を応援するようになったのは、前田の引退後だからだ。今や妻は、筆者よりも早く情報を入手し、打率20傑を記憶しているほど野球通だが、現役の選手以外の知識はないに等しい。

 生で勇姿を見ていないのだから、コミカルな前田を見て、ひょうきんだと思うのは至極当然。となると、近年の躍進で広島ファンになってくれた若い世代は、妻同様に前田の偉大さを知らない方が多そうだ……。

 そこで筆者は思う。これから先何十年と、広島を応援してもらわなくてはならない若い世代が、前田の偉大さを知らずに応援し続けていくのは避けたい。そして、ひょうきんではない前田のことを知ってほしい。

 さすれば、前田が監督として復帰することがあったときは、しっかりと感情移入できるはず。今回は前田のスゴさを若いファンの方々にご教授させていただきたい。

通算打率.302! イチローが認めた打撃技術


 前田がどのくらい偉大なのか? まずは、通算打率.302、2119安打、295本塁打、1112打点という通算成績を見れば一目瞭然だ。

 通算打率が3割を超える打者は、長いプロ野球の歴史においてわずか24名しかいない。前田はそのなかで20位に位置し、広島では歴代1位の通算打率を誇っている。

 前田の打撃技術はチーム内外からも「天才的」だと賞賛された。あのイチローをして「本当の天才は前田さん」と言わしめ、三冠王・落合博満からは「プロ野球50年の歴史のなかで、ずっと理想とされてきたフォーム」と、最高級の賛辞を送られた。それほどの技術を有するのが前田なのだ。

 筆者は30代後半だが、この世代の男性が「世界3大前田」を挙げよと問われれば、ほとんどが格闘家の前田日明、漫画『ろくでなしBLUES』の主人公・前田大尊、そして、前田智徳を挙げるだろう……、と推測する。

 それくらい現役当時の前田は、ファンを熱狂させた男だったのだ。

侍・前田の武勇伝


 前田は野球に対する姿勢がストイックすぎるが故に、ときとして他の選手とぶつかったり、誤解を招くことも多かった。今のひょうきんな一面からは想像もつかないほど尖っていた時代もあった。武勇伝にも事欠かない。

 熊本工時代には、地方大会で敬遠してきた相手投手に激昂し、マウンド付近まで詰め寄り恫喝したという逸話は有名だ。

 プロ入り後も、数々の武勇伝を持つ前田。その鋭い眼光からくるギラツキも魅力の一つだった。


涙のホームラン


 最後に、前田を語る上で外すことのできない伝説のホームランを紹介したい。

 1992年9月13日の巨人戦、中堅を守る前田は自らの判断ミスで打球を後逸。同点ランニングホームランを献上してしまった。しかし、その試合の終盤、汚名を返上すべく打席に立った前田は、見事に勝ち越しのツーランホームランを放ったのだ! ガッツポーズを決め、ベースを回る前田の目には光るものがあった……。

 まるでマンガのようなこの名シーンに感動し、もらい泣きしたファンは多い。

 付記しておくと、前田の涙の真相は、汚名返上の達成感にあったわけではなかった。先輩の北別府学の勝ち星を消したこと。ミスをした直後の打席で凡退してしまったこと。この悔しさ、自分への苛立ちから感情が溢れ出した故の涙だったのだ。

 試合後、前田はヒーローインタビューを固辞し、無言で球場を後にした。その姿に「男」を感じ、素直にかっこいいと痺れ、心を奪われたファンは多かった。

 この試合から前田伝説が始まったと言っても過言ではない。

 ここまで読んでいただければ、前田こそ広島屈指のレジェンドであることをおわかりいただけたはずだ。コミカルな前田も味があるが、それは「侍・前田」を知ってこそ。そのギャップが魅力的なのだ。

 カープ女子の皆さま。前田さんは「ただのおもしろいおじさん」ではないんです。何かの機会に前田伝説に触れていただけると、筆者はとても嬉しい。


文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方