野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

新人王レースを数値化。パは源田壮亮(西武)の独走で変わらず。セは阪神から2人が新規ランクイン!

2017-09-26(火)12:00

新人王レースを数値化。パは源田壮亮(西武)の独走で変わらず。セは阪神から2人が新規ランクイン!

 新人王有資格者の活躍度を競う勝手にレース企画「新人王レース2017」。各球団でニューフェイスが続々と登場しているが、シーズン終盤を迎え、今季を通しての活躍に点数をつけられる時期がやってきた。

 8月22日の集計に引き続き、新人王を獲得するに至る印象に必要な成績をポイント化。セ・パ両リーグの野手・先発・リリーフの3部門トップ3を紹介しよう。

(成績は9月20日現在)

◎ポイントの算定基準


 レースの基準となるポイントの算出法は以下の通り。ほとんどの年でこのポイント最上位の選手が新人王に輝いている。

■野手
(塁打+四死球+盗塁)×1ポイント

■先発投手
(投球回数×1ポイント)+(勝利数×10ポイント)

※投球回数は1/3回、2/3回は切り下げ

■救援投手
(登板数+ホールド数+セーブ数)×2ポイント

◎セ・リーグ野手ベスト3


■1位
京田陽太(中日/内野手/1年目)
132試合:打率.273(524打数143安打)/4本塁打/34打点/22盗塁
193塁打+27四死球+22盗塁=242ポイント

■2位
西川龍馬(広島/内野手/2年目)
88試合:打率.272(184打数50安打)/5本塁打/27打点/4盗塁
77塁打+11四死球+4盗塁=92ポイント

■3位
大山悠輔(阪神/内野手/1年目)
64試合:打率.234(175打数41安打)/6本塁打/32打点/2盗塁
69塁打+19四死球+2盗塁=90ポイント


◎セ・リーグ先発投手ベスト3


■1位
濱口遥大(DeNA/投手/1年目)
20試合:9勝6敗/防御率3.65/投球回111
111投球回+9勝=201ポイント

■2位
星知弥(ヤクルト/投手/1年目)
24試合:4勝7敗/2ホールド/防御率4.73/投球回110.1
先発(18試合):102投球回+4勝=142ポイント
リリーフ:6試合+2ホールド=16ポイント
合計:158ポイント

■3位
畠世周(巨人/投手/1年目)
10試合:6勝2敗/防御率2.84/投球回63.1
63投球回+6勝=123ポイント


◎セ・リーグ救援投手ベスト3


■1位
三ツ間卓也(中日/投手/2年目)
33試合:2勝1敗/11ホールド/防御率2.78
リリーフ:32試合+11ホールド=86ポイント
先発(1試合):5投球回=5ポイント
合計:91ポイント

■2位
池田駿(巨人/投手/1年目)
27試合:0勝2敗/3ホールド/防御率4.02
リリーフ:25試合+3ホールド=56ポイント
先発(2試合):7投球回=7ポイント
合計:63ポイント

■3位
石崎剛(阪神/投手/3年目)
20試合:0勝1敗/3ホールド/防御率0.38
20試合+3ホールド=46ポイント

 セ・リーグの新人王は京田陽太(中日)が優勢。濱口遥大(DeNA)も追い上げているが、京田はチームトップの132試合に出場しており、守備と足もある。ほぼ当確と見ていいだろう。

 ランキング下位では阪神の大山悠輔と石崎剛が新顔。石崎はロングリリーフでも抜群の活躍を見せており、阪神の強力リリーフ陣の新たなピースになっている。


◎パ・リーグ野手ベスト3


■1位
源田壮亮(西武/内野手/1年目)
134試合:打率.267(540打数144安打)/3本塁打/53打点/35盗塁
184塁打+41四死球+35盗塁=260ポイント

■2位
石井一成(日本ハム/内野手/1年目)
101試合:打率.183(268打数49安打)/3本塁打/20打点/3盗塁
66塁打+27四死球+3盗塁=96ポイント

■3位
武田健吾(オリックス/外野手/5年目)
90試合:打率.295(193打数57安打)/2本塁打/13打点/0盗塁
70塁打+8四死球+0盗塁=78ポイント


◎パ・リーグ先発投手ベスト3


■1位
山岡泰輔(オリックス/投手/1年目)
21試合:8勝9敗/防御率3.32/投球回132.2
132投球回+8勝=212ポイント

■2位
石川柊太(ソフトバンク/投手/4年目)
31試合:8勝3敗/1ホールド/防御率3.23/投球回92
先発(11試合):62投球回+6勝=122ポイント
リリーフ:20試合+1ホールド=42ポイント
合計:164ポイント

■3位
佐々木千隼(ロッテ/投手/1年目)
12試合:3勝7敗/防御率5.00/投球回68.1
68投球回+3勝=98ポイント


◎パ・リーグ救援投手ベスト3


■1位
黒木優太(オリックス/投手/1年目)
55試合:6勝3敗/25ホールド/2セーブ/防御率4.22
55試合+25ホールド+2セーブ=164ポイント

■2位
近藤大亮(オリックス/投手/2年目)
49試合:1勝1敗/21ホールド/1セーブ/防御率3.04
49試合+21ホールド+1セーブ=142ポイント

■3位
有吉優樹(ロッテ/投手/1年目)
50試合:2勝4敗/16ホールド/防御率2.84
50試合+16ホールド=132ポイント


 当確ランプは相変わらず源田壮亮(西武)。盗塁王を争うラインまできており、球界を代表するスピードスターといっても過言ではない。野手の上位3人がほぼ変わらず、その下は遥か遠い。全体的には新顔に乏しいシーズンになった。

 投手陣では山岡泰輔(オリックス)、石川柊太(ソフトバンク)などが先発で躍動。石川はチームの事情でリリーフ待機になっているが、この2人は引き続き来季も先発での活躍が期待できる。

 リリーフ陣は大豊作だった。オリックスは黒木優太がやや調子を落としているものの、近藤大亮が勝ちパターン入り。ロッテは有吉優樹がセットアッパーに定着すれば、来季以降への光明になる。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 新人王レースを数値化。パは源田壮亮(西武)の独走で変わらず。セは阪神から2人が新規ランクイン!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.