野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

【ドラフト特集】2017ドラフト候補怪物図鑑〜平成の大打者を期待したい安田尚憲(履正社)

2017-10-10(火)12:00

【ドラフト特集】2017ドラフト候補怪物図鑑〜平成の大打者を期待したい安田尚憲(履正社)

 清原和博(元西武ほか)、松井秀喜(元ヤンキースほか)、松坂大輔(ソフトバンク)など、数々の怪物がドラマを生み出してきたドラフト会議。今年は10月26日に行われるが、再び嵐を巻き起こしそうな顔ぶれが揃っている。

 個性豊かな10人の注目ドラフト候補のストロングポイントに迫る「ドラフト候補怪物図鑑」。今回は清宮幸太郎(早稲田実)と並び「東の清宮、西の安田」と称された安田尚憲(履正社)をピックアップ。T-岡田(オリックス)、山田哲人(ヤクルト)らが巣立った強豪校の大砲の実力とは?

◎常に縁があった安田と甲子園


 高校通算65本塁打を放ったスラッガーとして注目を集める安田尚憲。

 安田は5歳のときに、兄の亮太(三菱重工名古屋)がPL学園の一員として出場した2004年夏の甲子園を観戦して野球に惹かれる。

 そして、小学生になると軟式の豊津東少年野球団に入団。6年生のときには阪神タイガースジュニアに選抜されるほどの選手へ成長した。ちなみに阪神タイガースジュニアのお披露目式は甲子園で行われる。

 そして、中学では赤星憲広氏(元阪神)が代表を務める硬式野球チーム・レッドスターベースボールクラブに入団。このチームでは甲子園で練習試合を行うことがある。安田は高校野球の聖地でプレーしたことで、より「高校球児として野球をしたい」と考えるようになったという。


◎日進月歩で磨いた打撃力


 甲子園への想いを強くして入学した履正社では、1年の秋から三塁に定着。2年秋の明治神宮大会に近畿大会の優勝チームとして出場し、決勝で清宮を擁する早稲田実と対戦。ともに本塁打を打ち、ライバルとして火花を散らした。

 そして、憧れていた甲子園には、2年夏と3年春に出場。3年のセンバツでは、聖地での初本塁打に加えて4割を超える打率も残し、あらためて類まれな才能を見せつけた。

 最後の夏は甲子園に手が届かなかったが、U-18ベースボールワールドカップに出場する代表チームの一員に選ばれ、本番前の練習試合で高校通算65本目の本塁打を放つ。

 清宮が倍近い高校通算111本塁打を記録したためにかすみがちだが、PL学園時代の清原和博を1本上回る立派な数字だ。高校3年間で着実に実力を伸ばし、実戦で打力を証明してきただけに、上のステージでも活躍が期待できる。

◎安田が一番輝きそうな球団とは?


 広島以外の11球団が面談に訪れると報道されるなど、清宮一色という向きになっている今年のドラフト。確かに清宮を獲得できれば、戦力アップだけでなくチーム人気の向上も火を見るよりも明らかだ。

 しかし、「清宮、清宮」と躍起になりすぎて、ほかの金の卵を見過ごすのは痛い。それが中村奨成(広陵)であり、この安田。特に安田が守る三塁は、今は埋まっていても数年後に頭を悩ませそうなチームがちらほらある。

 例えば西武。中村剛也という現役最高の大砲がいて、今季もチームトップの27本塁打を放っているが、打率がこれまでになく落ち込んでいる。また休みがちで、長らく務めてきた4番もシーズン後半には山川穂高に明け渡した。34歳という年齢から見ても、ゆるやかな下降線にあるようにも見える。

 もちろん、大きな実績のある選手だけに、チーム内ですぐに中村に取って変われる選手はいない。三塁候補だった山川も、今は一塁を守っている。しかし、いないなら獲得すればいいこと。

 そのうってつけの人材こそ安田だと筆者は考える。中村に衰えが見えるとはいえ、まだ数年はやれるはず。その間に2軍で安田を育成すれば、チームにとっても本人にとっても最高。まさにWin-Winのシナリオとなる。


◎打って守れるスーパーバッターに!


 筆者は西武ファンということで、かなり願望も混ざってしまったが、今度は安田が目指すべき選手を考察してみよう。

 安田には「高卒」「三塁手」「強打者」というキーワードが浮かぶ。そうなると先の中村が当てはまるが、ここでは敢えて中村は中村でも中村紀洋(元近鉄ほか)を推したい。

 本塁打王に1回、打点王に2回輝いている中村紀。しかも、ゴールデン・グラブ賞を5度も受賞するなど守備も上手さも持ち合わせており、その側面も安田を重ね合わせるにあたって重視した。安田は守備も安定感があるので、ぜひ守備力も伸ばしてもらいたい。

 入る打席こそ安田が左、中村紀が右と異なるが、大阪出身のスラッガーという意味でも、平成の大打者を継いでほしいと願う。


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 野球エンタメコラム一覧#1
  3. 【ドラフト特集】2017ドラフト候補怪物図鑑〜平成の大打者を期待したい安田尚憲(履正社)

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.