週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

6番・キャッチャー戸柱恭孝(DeNA)が37打点に得点圏打率.365。異様な勝負強さを発揮中

6番・キャッチャー戸柱恭孝(DeNA)が37打点に得点圏打率.365。異様な勝負強さを発揮中

 交流戦に弱いセ・リーグの元凶とされてきたDeNAだが、今年の交流戦は9勝9敗の勝率5割。交流戦終盤に4連勝を挙げるなど盛り返し、借金を作らずに乗り切ることができた。そのなかで目立つ活躍を見せたのが、捕手の戸柱恭孝だ。

打撃は期待していないが……


 戸柱は2015年のドラフト4位でDeNAに入団。2015年のDeNAでは、3人の捕手が代わる代わるスタメンについたが、NPBワーストタイの68個の暴投を記録。もちろんこの暴投には投手の責任も含まれるが、捕手陣の強化は大きな課題だった。

 正捕手の確立が急がれるなか、戸柱は指名を受ける。そして、ルーキーイヤーの2016年には124試合に出場。正捕手の座を手中に収めた。

 入団当初、ラミレス監督からは冗談半分に「打撃は期待していないから」と言われた。しかし、今シーズンはゴーデンウイーク以降、打撃好調。打順は6番に定着し、絶好調の5番・宮崎敏郎の後ろを固めている。

チャンスでの集中力


 交流戦でも戸柱は、6月16日のオリックス戦で同点の8回に決勝3ラン、翌日のオリックス戦では逆転のグランドスラムを放った。「ここ一番」で圧倒的な勝負強さを見せた。

 打率は.220と全体を通してみると今一つな数字で、走者なしの場面での打率は1割を切っている。だが、規定打席にはわずかに達していないものの、得点圏打率.365は糸井嘉男(阪神)に次ぐ2位相当の高さで、37打点はリーグ9位。打点ランキングに名を連ねる選手の打数、打率、本塁打数を見比べていくと、この成績でこの打点を記録する戸柱の異様さが伝わるはずだ。チャンスで集中力を発揮し、走者を還す働きに長けていることが見て取れる。

 ラミレス監督は戸柱の活躍を手放しで喜んでいる模様で、メディアにも「現在のセ・リーグの捕手でベストの部類に入る」とコメントしている。思い返せばシーズン開幕前も、故障で1軍を離脱していたにも関わらず、ラミレス監督は戸柱の開幕マスクを明言していた。

 今シーズンの成長は、ラミレス監督の信頼によるところが大きい。もともとラミレス監督は「将来、セ・リーグでナンバーワンのキャッチャーになれる」とも公言していた。


課題は盗塁阻止率の向上


 一方、守備に目を向けると昨シーズンは盗塁阻止率の低さが指摘された。今シーズンはセ・リーグ2位の盗塁阻止率.361と改善されているが、パ・リーグで評価がうなぎ登りの甲斐拓也(ソフトバンク)の盗塁阻止率は.500。身体能力の違いはあれど、まだまだ磨ける余地はあり、精度を上げていきたい。

 また、フライの落球といったイージーミスも懸案点として指摘されているが、持ち前の真面目さと素直さで、一つひとつ課題をクリアしている。

 今シーズンこそ勝率5割の壁を破り、2年連続でのCS進出を果たしたいDeNA。そのためには、戸柱の存在は欠かせない。念願成就の鍵を握る大事なピースの1人は戸柱だ。

(成績は6月19日現在)


文=元井靖行(もとい・やすゆき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方