週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ゲレーロ加入でどうなる!? 二塁・マギーがやっぱり最善? 2018年の巨人打線を大予想

ゲレーロ加入でどうなる!? 二塁・マギーがやっぱり最善? 2018年の巨人打線を大予想

 今季中日で35本塁打をかっ飛ばし、セ・リーグの本塁打王に輝いたゲレーロ。その去就が注目を集めていたが、2年8億円(推定)の契約で巨人入りが決まった。

 ゲレーロの加入で2018年の巨人打線はどうなるのか。3つのプランを予想してみた。

巨人打線2018:プランA


1(中堅):陽岱鋼
2(三塁):マギー
3(遊撃):坂本勇人
4(左翼):ゲレーロ
5(一塁):阿部慎之助
6(右翼):長野久義
7(二塁):(混戦)
8(捕手):小林誠司

 今季の戦いを引き継ぐならこの並びがベストか。前半最終戦で2番・マギーを採用してから打線の調子が上向き、混迷を脱した。前半戦は1、2番の構成に苦労した。安定を選ぶなら2番・マギーは継続だろう。

 二塁は大混戦だが、外野に亀井善行が入っても左打者が圧倒的に不足する。辻東倫、吉川尚輝に加えて、ドラフト5位の田中俊太、6位で両打ちの若林晃弘もチャンスは増えてくるだろう。

巨人打線2018:プランB


1(中堅):陽岱鋼
2(二塁):(混戦)
3(遊撃):坂本勇人
4(左翼):ゲレーロ
5(三塁):マギー
6(一塁):阿部慎之助
7(右翼):長野久義
8(捕手):小林誠司


 2番に二塁手を持ってくるならマギーの置きどころが悩ましい。得点圏での強さや、坂本勇人、ゲレーロを生かすためにも5番がベストか。やや年齢的な衰えも見える阿部慎之助も6番ならば十分に力を発揮できるはず。阿部の休養日には一塁・マギー、三塁・岡本和真のフォーメーションもありだろう。


巨人打線2018:プランC


1(中堅):陽岱鋼
2(二塁):マギー
3(遊撃):坂本勇人
4(左翼):ゲレーロ
5(一塁):阿部慎之助
6(右翼):長野久義
7(三塁):岡本和真
8(捕手):小林誠司

 二塁・マギーは今季限りと言われているが、やはり期待の本線はコレだ。二塁・マギーと聞いたときには不安しかなかったが、想像以上の安定した守備で適性を示した。見た目とは裏腹に守備の評価はうなぎのぼりだ。

 岡本和真を我慢して育てるためには、この布陣を採用するしかない。背番号も25に変更し、ポスト村田修一の座を託された。春先は毎年調子が上がらないが、来年はオープン戦から打ちまくり「やっぱりマギーを二塁に置くのがいい」と言わせる好スタートを切りたい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方