週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 長野みどころ】順調な成長曲線を描くドラフト候補直江 小粒感も夏でブレイクする選手はいるか

投手編〜柔と剛で輝く2人の本格右腕

注目投手 直江大輔

 昨年夏、2年生で甲子園を経験した本格右腕、直江大輔(松商学園)に凄みが出てきた。
140キロを超えるストレート、高速のスライダーなど一球一球に質の高さを感じさせる。
184センチの長身に細身の体形。
肩周りやヒジの軟らかさ、投球フォームのしなやかさと伸びしろの要素も十分に残している。

 双子の投手として1年春から投げ続ける小林綾・絃の双子(松本深志)も最終学年。
2人そろって球速が140キロを超え、在籍する高校は県内屈指の進学校とあって、早くから注目され続けた。
特に投手中心の兄・綾は球速が140キロ後半に達し、迫力も十分。
直江が柔なら綾は剛のイメージ。
弟で主将の絃は、チーム事情から遊撃手との兼務だが、投手としての総合力は高い。

 3年生には左投手の本格派が多い。
引木翼(小諸商)はしっかりと腕を振り切り、140キロ近いストレートを投げ込んでくる。
制球に粗さを残すが、小さくまとまっていないのは魅力的。
神戸尚弥(中野立志館)は1年生から投げ続ける180センチの長身左腕。
力投タイプではなく、バランスのいいフォームから角度のあるボールを投げ込む。

 荻原健汰(松本第一)も180センチの長身左腕。
打者に応じて真上から投げたり、スリークオーターに下げたり、器用な一面を持ち合わせる。
高木唯楓(東京都市大塩尻)は175センチだが、ボールに角度を感じさせる。
体重60キロ程度と華奢な体ながら、しなやかなフォームからも伸びしろを感じさせる。

 3年生右腕にも実力者がいる。
富岡叶大(長野商)はバランス、ボールの力からも高いポテンシャルを備える。
1年生から投げ続ける塚田純平(上田西)もストレートは140キロを超える。
林虹太(佐久長聖)は制球力を含め完成度が高く、実績も十分。
後藤晟(松本国際)もがっちりした体から力のあるボールを放る。
小柄だが、入山隆(長野東)はバネがある。

野手編〜強肩強打 2人のライバル捕手

注目野手 鈴木大河

全般に小粒感のある野手陣だが、鈴木大河(佐久長聖)は打って守れる捕手。
昨年夏は2年生の4番として県準優勝に貢献。
ただ、その後にケガした右肩の回復が長引いてしまった。
最後の夏には間に合わせたい。
鈴木の代役で昨秋からマスクをかぶる183センチの大型捕手・小山忍は強肩に加え、課題だった打撃も力をつけてきた。

 強打で春季県大会を制した佐久長聖の中軸を任される西藤慶人と上神雄三はパンチ力とうまさを併せ持つ左打者だ。

 投手兼外野手の塚田純平(上田西)は打撃も非凡な中距離ヒッター。
50メートル6秒2と足もある。
走力を備えた好打者では、二ツ蝸ウ揶(松本第一)、北原拓未(松商学園)、小林塁(小諸商)、荒井朋範(上田西)、西尾慧(松本深志)、齋藤慶喜(上田西2年)らの名前が挙がる。

 打力のある遊撃手にも注目したい。
山本健斗(松商学園2年)は4番を張る勝負強い中距離打者。
赤羽由紘(日本ウェルネス筑北)は一発がある。
ちなみに2人とも右打ちだ。
井出恭太郎(上田西2年)は足があり、守備範囲が広い。

大会展望〜佐久長聖本命、追う上田西、松商

長野 勢力ピラミッド

春季県大会を圧倒した佐久長聖が本命になる。
昨夏の準優勝レギュラー数人に加え、底上げもできた打線は脅威だ。
ここに伸びしろを残す1、2年生を多く起用して春に準優勝した上田西、絶対エース・直江大輔を擁し2連覇を狙う松商学園が優勝争いの軸になる構図。
さらに豪腕小林ツインズが引っ張る松本深志、経験豊富な3年生野手がそろう小諸商、投打にバランスの取れた松本第一、ノーシードからは昨秋の県王者・日本ウェルネス筑北などが上位争いに絡む力を備えている。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方