週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

苦境の楽天を懸命に支える島内宏明。キャリアハイ達成を現実にする二大進化とは?

苦境の楽天を懸命に支える島内宏明。キャリアハイ達成を現実にする二大進化とは?

 13連勝を飾った西武の追い上げで、一気に三つ巴の様相と化した真夏のパ・リーグ優勝戦線。そのなか、故障者続出の楽天を懸命に支え、自身初の規定打席到達を目指す「プロ6年目の挑戦」がある。

 楽天にあって銀次、ウィーラーとともに全試合に出場する島内宏明によるキャリアハイを目指す活躍劇だ。

キャリアハイを目指す6年目の活躍劇


 島内は明治大時代に俊足巧打の左打者として鳴らし、2011年のドラフト6位で楽天に入団。1年目の開幕戦で颯爽とプロ初出場を飾ると、2年目の2013年はスタメンで83試合に出場し、初優勝に貢献。しかし、その後はケガにも見舞われ、出場機会を減らした。

 転機は2016年。指揮官が梨田昌孝監督に代わり、肉体改造にも成功したこの年、自身初の100試合以上(114試合)に出場。9本塁打を放ったが、春先に出遅れたことが響き、惜しくも約60打席ほど足りず、規定打席到達を逃した。

 その悔しさをバネに今季は満を持しての活躍が続く。茂木栄五郎、ペゲーロの陰に隠れがちだが、島内の攻守両面での働きは見逃せない。8月7日現在、打率.273、出塁率.357、10本塁打、35打点、OPS.771。出塁率、本塁打、OPSはキャリアハイの数字だ。

逆方向にも放り込める強打のスプレーヒッターに大変身だ!


 持ち味のパンチ力にさらなるパワーがつき、引っ張り傾向の強かった打撃は広角打法へと華麗に進化した。たとえば、昨季までの19本塁打中、逆方向への一発は2013年6月28日のオリックス戦で記録した左中間への1本のみだった。

 しかし、今季は早くもレフト方向への本塁打を3本記録している。また、8月2日の西武戦では牧田和久から10号ソロを放ち、茂木に続く球団史上2人目の「生え抜き打者シーズン2ケタ本塁打」も達成した。


リーグ屈指の好打者の選球眼を手に入れた!


 今季は巧みなバットコントロールを生かした粘りのアプローチも光っている。7月21日のオリックス戦で平野佳寿から決めたサヨナラ打は、9球勝負を制しての一打だった。

 現在、387打席で39三振に対し、四球は43。パ・リーグの規定打席に到達している打者27人中、四球が三振を上まわる打者は島内のほかには、選球眼に定評があり、過去3年連続打率3割を達成した当代屈指のコンタクトヒッター、中村晃(ソフトバンク)だけである。前述した島内の数字は、その中村(417打席、三振40、四球43)と、ほぼ同じなのだ。

 この二大進化があったからこそ、梨田監督も1番・茂木が故障離脱したとき、島内に茂木が戻ってくるまでリードオフマンの要職を託したのだろう。1番打者として出場した26試合中、安打や四死球で出塁した試合は24試合を数え、立派に代役を務めた。

 今後、鷲の背番号35がどこまでやってくれるか、熱い夏の活躍に期待したい。


文=柴川友次
NHK大河ドラマ「真田丸」で盛り上がった信州上田に在住。郷里の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえる、楽天推しの野球ブロガー。開幕前から楽天有利、ホークス不利の前半戦日程を指摘、イーグルス躍進の可能性を見抜いた。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方