野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

《先月までの「あらすじ」&展望》まだ広島と楽天? ペナント情勢を見失ったらコレをチェック

2017-06-06(火)12:00

交流戦前に再び首位に立った広島・緒方孝市監督

 日本ハムの日本シリーズ制覇からはや7カ月あまり。期待と希望にあふれた春季キャンプを経てペナントレースは開幕。気がつけば6月になり交流戦に。シーズンの約3分の1が終了した。

 週刊野球太郎では多忙でプロ野球をチェックできず「ペナントレースの動向を見失ってしまった」「どの選手がノッているのかわからない」という方に超便利な『ペナントの行方を見失った方はいませんか!? プロ野球・先月までの「あらすじ」』を月1回で連載開始。

 5月までのペナントレースの情勢を振り返りながら、これからの展開を予想してみる。

◎【5月までのあらすじ セ・リーグ】開幕ダッシュの広島が首位を取り戻す


 セ・リーグは昨季王者の広島が圧倒的な開幕ダッシュを決めた。開幕戦こそ阪神に敗れたが、そこから引き分けを挟み10連勝。2度の4連敗が響いて、一時は阪神に交わされたが、交流戦前に再び首位に立った。昨年の貯金6を上回る貯金10で交流戦に突入。リーグ連覇へ向けて緒方孝市監督の采配が冴え渡っている。

 前評判とは裏腹の結果で、明暗を分けたのが伝統の2球団・阪神と巨人だ。

 前評判がさほど高くなかった阪神は糸井嘉男、福留孝介、鳥谷敬らのベテランがチームを引っ張るなか、中谷将大、高山俊らの若手が日替わりで結果を残す好循環。広島に抜き返されたものの交流戦直前まで首位をキープした。

 守備に難はあるものの打線の爆発力はリーグ屈指。金本知憲監督体制となって2年目の今シーズンは12年ぶりの優勝に手が届くかもしれない。

 一方、史上初の同一シーズンに3名のFA補強を行った巨人は、そのFAで獲得した山口俊、陽岱鋼はいまだに1軍未出場。ドラフトを含め補強した戦力で結果を残しているのはマギーのみといった惨状にあえいでいる。開幕前は優勝候補に挙げる声も多かったが、借金を抱えての交流戦突入となった。

 交流戦直前でBクラスに沈んでいるのはDeNA、ヤクルト、中日だ。3球団とも筒香嘉智(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)、岡田俊哉(中日)といったWBC出場メンバーの調子が上がらず、苦戦を強いられている。

 しかし、筒香は本塁打こそ少ないものの打率は底を打った様子。まだ本調子には程遠いが、夏場に向けて調子を上げ、DeNAの2年連続Aクラス入りを後押ししたい。

 ヤクルトは雄平、バレンティンが当たってきている。山田が復調すれば打線が活発化しそうだ。中日はゲレーロ、ビシエドの両外国人選手の一発攻勢が強力。当たり出すと手がつけられない。接戦に持ち込み、主軸に期待といったところだろう。

◎【5月までのあらすじ パ・リーグ】楽天・梨田昌孝監督の手綱さばきが光る


 パ・リーグは楽天が抜け出した。1番の茂木栄五郎が球団史上初の生え抜きによる2ケタ本塁打を放つなど絶好調。茂木からペゲーロ、ウィーラー、アマダーに続く打線は破壊力十分だ。

 ただ、梨田昌孝監督はこの打順に固執しすぎることなく、休養を入れるなどコンディションを最優先し、柔軟にオーダーを組み替えている。名将の手綱さばきも光り、2013年以来の日本一へ向けて好調を維持している。

 2位につけるソフトバンクは、盤石と見られた投手陣にアクシデントが発生。和田毅、武田翔太が離脱し、千賀滉大が緊急降板から先発を1週飛ばすなど悪いことが続いた。しかし、デスパイネの加入でさらに厚みを増した強力打線が奮闘。開幕からしばらくは出遅れたが、楽天をぴったりとマークしている。

 西武は菊池雄星がエースの働きを見せ、新人の源田壮亮が2番・遊撃に定着。活発な打線に支えられ3位をキープしている。

 昨シーズン日本一の日本ハムは10連敗、3位のロッテは8連敗を喫するなど、開幕から調子が上がらず下位に低迷。日本ハムは大谷翔平の復帰を起爆剤にしたい。ロッテは歴史的貧打と揶揄される打撃陣の発奮を期待したい。

 開幕から好調をキープしていたオリックスは5月に9連敗を含む、6勝19敗と大失速。5位に転落した。長打力のあるロメロと吉田正尚の離脱が痛かった。ロメロは交流戦に入り復帰したものの、吉田正の復帰時期はまだ見えず。いち早い1軍合流が待たれる。


◎【パ・リーグの展望】広島がこのまま独走?


 広島と阪神が抜け出したセ・リーグは、広島がさらに歩みを先に進めそうだ。

 昨シーズンは、独走態勢に入るまではいつか失速しそうな心もとなさがあった。しかし、今シーズンは田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也の上位打線にブレイク中の安部友裕が加わり、さらにエルドレッド、新井貴浩も控えている。打撃陣の層は厚い。

 また、投手陣も大黒柱の黒田博樹が引退し、エースのジョンソンも不在のなかで奮闘し、首位をキープ。ジョンソンの復帰でさらなるスパートがかかる可能性は高い。

 巨人は陽、山口俊のFA組が交流戦から合流予定。特に陽が加わることで、坂本勇人、阿部慎之助、マギー頼みの打線にどんな化学反応がもたらされるのか楽しみ。何かとプレッシャーがかかる巨人で、本来の実力を見せることができるかが鍵となりそうだ。

 阪神は先述した主力のベテラン3人が調子を落とさずに夏場を乗り切れるかがポイント。投手陣はマテオ、ドリスら救援陣が安定しているだけに大崩れはなさそうだ。

 DeNAは筒香、ヤクルトは山田が本来の力を発揮すれば台風の目になりそう。前後を打つロペス(DeNA)、雄平(ヤクルト)が好調なだけにハマれば上位進出も夢ではない。

 中日は鈴木翔太、小笠原慎之介、柳裕也といった若手先発陣のブレイクで勢いをつけたい。

◎【パ・リーグの展望】日本ハムが巻き返す!?


 5月末時点で楽天が貯金18、ソフトバンクが貯金11と抜け出したが、ここにきて下位に沈んでいた日本ハムが巻き返してきた。

 4月の日本ハムは6勝19敗の借金13と惨憺たる結果だったが、5月は13勝8敗で貯金5。「打者・大谷」の復帰も近いと報道されている。復帰となればチーム全体が活気づくのは明白。上位を脅かす存在となる可能性は十二分にある。昨シーズンの15連勝も成功体験として選手たちに刻まれており、あきらめない姿勢は根づいている。

 2014年から3年連続Bクラスに沈んでいる西武は投手陣に掛かっている。打線は好調だけに、菊池に続くローテーションの柱がほしい。同時に、離脱者続出の先発ローテーションをどう立て直すか。

 辻発彦監督は、昨年の田邊徳雄監督同様に「他にいないんだもん」と投手陣への不満を口にしている。「打線は水物」だけに、投手陣の安定がチーム力強化には必須という意味を含んでのことだろうが……。常勝・西武の黄金時代を知る辻監督の手腕に期待したい。

 ロッテ、オリックスは交流戦の結果次第では、優勝争いからは早々に脱落。シーズンの目標を「3位」にシフトせざるを得ない。ロッテは外国人選手の復調、オリックスは吉田正の復帰でチーム力は上向きそうだが、果たして。

(成績は5月31日現在)


文=勝田聡(かつたさとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 《先月までの「あらすじ」&展望》まだ広島と楽天? ペナント情勢を見失ったらコレをチェック

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.