週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

「投手王国」を越えて「左腕王国」に? 新時代を迎える西武の中継ぎサウスポーたち


 何年も改善されないままだった西武の中継ぎ陣だったが、牧田和久を中心に、ようやくメドが立ってきた。

 また不思議なことに左腕も芽を出してきており、昨年までの武隈祥太頼みから脱却できそうである。

 そこで今回は、西武投手陣の伸び盛りサウスポーにスポットを当てよう。


投げる場面を選ばない鉄の左腕


 まずは武隈に次いで登板の多い、小石博孝を挙げたい。

 2011年のドラフト2位で西武に入団した小石は、ルーキーイヤーに先発として初勝利を挙げるなど期待されていたが、なかなかチャンスを物にできず5年目のシーズンを迎えていた。

 今季も春先は不安定なピッチングをしていたが、5月7日の日本ハム戦で炎上した郭俊麟の後を受けて登板すると、先発時代の杵柄で5回1/3を無失点に抑える力投を披露。

 しかもその日本ハム戦は、3試合連続登板の3日目。ということから、ロングも連投も任せられる左腕としての地位を築いている。


先発ローテ定着にも期待がかかる


 続いては、今季で2年目となる佐野泰雄。タイ人の母を持つハーフであり、ひと目見ただけで忘れない濃い顔立ちが特徴だ。

 ルーキーイヤーの昨季は2試合の登板にとどまったが、すでに今季は8試合に登板。6月3日の阪神戦では、大量リードを生かせなかったアンディ・バンヘッケンを救援すると、3回を1安打に抑えて試合を落ち着かせ、ご褒美のプロ初勝利をゲットした。

 また6月11日の中日戦では、中継ぎでの活躍が評価され、初先発を任されることに。5回2失点でお役御免になったが、竜のエース・大野雄大を相手に堂々たるピッチングを展開した。

 この試合を現地観戦したのだが、犠牲フライによる失点だけで、次回も期待したくなる内容だった。


7年の借りを返すのは今!


 2008年のドラフト1位で西武に入団した際は、「涌井秀章に続く逸材」と称されていた中崎雄太。しかし1軍登板は2013年に記録した7試合のみと、期待に応えられないまま時が過ぎていった。

 不退転の決意で臨んだ今季、それを証明するかのようにサイドスローへと転向したところ、これが大当たり。新フォームのお披露目となった5月14日の日本ハム戦こそ2失点してしまったが、それ以降の5試合で無失点を続けている。

 ちなみに新フォームは、一口にサイドスローとくくっていいのか悩む代物。気になる方は、ぜひともその目で確かめていただきたい。


ニュージェネレーションがブルペンを盛り上げる


 かつては杉山賢人、橋本武広、土肥義弘といった中継ぎ左腕が、ブルペンに待機していた。それがいつしか「俺達」がはびこるようになったことで、すっかり様相が変わってしまった。

 しかし今、西武の中継ぎは新時代に突入しようとしている。その中でも、特にポツポツと頭角を表している左腕が、その旗手になるはずだ。

 昨季に引退した西口文也は怒るかもしれないが、これから中継ぎのがんばりによる勝ち試合が、増える予感がしてならない。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方