週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2017夏の高校野球】《静岡観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

ホップする池谷!素材型投手も覚醒間近
強肩捕手のイニング間スローも楽しめる


投手編 〜プロ注・池谷に続く快腕は?〜


【2017夏の高校野球】《静岡観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 最注目は最速144キロ左腕の池谷蒼大(静岡)。今春のセンバツではベストな状態ではなかったものの、大阪桐蔭相手にストレート一本で勝負。結果、2回から7回を無失点に抑えた。常時130キロ台後半でも回転数が多く、打者の手元でホップする球筋だ。春の県大会はチームの方針で登板を見送ったが、夏には間違いなく照準を合わせてくるだろう。
 その池谷と昨秋時点で双璧と囁かれていたのが海野陽日(日大三島)。パワフルなフォームから、最速143キロの剛球で打者をねじ伏せる。しかし、今春はフォームのバランスが崩れて力任せになった印象。昨夏、県大会での快投の再現が期待される。
 素材なら佐々木健(小笠)がナンバーワンといえる。190センチの長身で身体能力が抜群。一冬を越えて急成長し、5月に140キロをマークした。まだまだ粗削りなだけに、伸びしろは十分ある。夏の活躍次第ではドラフトでの指名の可能性も出てきた。投打で将来性が高いのが比屋根彰人(飛龍)だ。体にバネがあり、投げては常時140キロ前後のストレートを投げ込み、打ってはどんな球種、コースでも安打にしてしまう。
 今春の県大会を制した飯澤万里(東海大静岡翔洋)は、スリークオーターの角度から猛烈に腕を振り抜く左腕。キレのあるストレートとスライダーを内外角に投げ分ける。
 その他、昨秋の県大会で27イニング連続無失点をマークした片山源太(静岡学園)、球質の重い佐竹陽希(沼津東)、肩関節が柔らかい澤入勇斗(相良)も見逃せない。
 また、2年生では川合勇気(掛川西)の評価が高い。ストレート、変化球ともに質が高く、低めに制球される。シュアな打撃も持ち味で、夏は二刀流でブレイクの予感がする。

野手編 〜強打者&好捕手が目白押し〜


【2017夏の高校野球】《静岡観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 県屈指の強打者として呼び声が高いのは奥村光一(東海大静岡翔洋)。高校通算24本塁打(5月中旬現在)を誇り、昨冬の県選抜・オーストラリア遠征では木製バットでスタンドに放り込んだ。50メートル6秒フラットの俊足も武器。一瞬のスキをついて次の塁を果敢に狙う。
 捕手では木須デゾウザフェリペ(御殿場西)が楽しみな逸材だ。捕ってから投げるまでが素早く、少しでも飛び出した走者を刺しにいく。打撃は森下知幸監督の指導で長打力が身についてきた。肩の強さでは大津留瑠希(菊川南陵)も引けを取らない。二塁ベース上に向かってボールが垂れることなく、むしろ伸びていく軌道。一度、その強肩を見たら走者は簡単にはスタートを切れない。
 1年夏からレギュラーの中田悠斗(藤枝明誠)は走攻守の三拍子が揃う。走れば走るほどスピードが上がる脚力と一球で仕留める集中力は一級品だ。
 今年もタレントがそろう静岡は、2年生の成瀬和人が4番を務める。打席での雰囲気がよく、バットをしっかりと振ってくる強打者だ。低いライナーで左中間、右中間を破る此本拓斗(掛川東)、長打率が高い寺田祐貴(磐田東)、2年生では強肩強打の夏目大(常葉大橘)も必見だ。

大会展望 〜静岡vs翔洋の一騎打ちか?〜


静岡の優位は動かない。春の県大会は準優勝も、エース・池谷を温存。2番手投手に経験を積ませ、万全を期している。対抗馬は東海大静岡翔洋。一冬でチーム力が上がり、今春は静岡を撃破した。続くのは藤枝明誠か。チーム一丸となった野球を展開し、スキがない。順当にいけば、準決勝で静岡と対戦するだけに、そこが山場となるだろう。ノーシードながら、好左腕・海野の復調が待たれる日大三島、昨夏優勝の常葉大菊川、古豪復活に燃える浜松商も上位進出をうかがう。

【2017夏の高校野球】《静岡観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」 

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方