週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

推しメンは誰? SKY48でセ界連覇だ! ヤクルトが結成した新ユニットとは?


 昨季のヤクルトは、オーランド・ロマン、ローガン・オンドルセク、トニー・バーネットの外国人トリオが鉄壁の中継ぎ・抑え陣を形成し、リーグ優勝に大きく貢献。3人の頭文字を取り“ROB”の愛称でファンからは親しまれていた。

 ロマン、バーネットが退団したことでROBは解散しまった今季。しかし、安心して欲しい。ヤクルトには今季も新たなユニットが生まれそうだ。その名はズバリ、“SKY48”。セ界連覇を目指すヤクルトのSKY48を紹介しよう。

神宮のヒットメーカー坂口智隆のS!


 昨シーズン中ヤクルトの悩みだった、1番・センターはこの男で埋まった。その男とは「浪速のヒットメーカー」こと坂口智隆だ。

 坂口は昨オフにオリックスを自由契約となり、今季ヤクルトに入団。オープン戦での熾烈なセンター争いを制して、見事に開幕スタメンを勝ちとった。

 開幕カードこそ6番を任されていたが、4試合目からは定位置となるトップバッターに落ち着き、川端慎吾、山田哲人につなぐチャンスメーカーとして機能している。

「浪速のヒットメーカー」から「神宮のヒットメーカー」と呼ばれる日も近い。1番・坂口が塁に出ることで、SKY48は始まるのだ。


ガラスのプリンスとは呼ばせない! 川端慎吾のK!


 現在の日本球界におけるひとつのトレンドとなった「バントをしない2番打者」は、“ガラスのプリンス”と呼ばれ続けた川端の代名詞となっている。川端は首位打者を獲得した昨季からさらにパワーアップし、今シーズンは二塁打の数が倍増している。

対戦カードが一巡したところの成績を比較すると、

2015年:15試合
63打数23安打(うち二塁打5本)/打率.365

2016年:14試合
64打数24安打(うち二塁打9本)/打率.375

 その他の成績はさほど変化はないが、二塁打はなんと脅威の92本ペース。1シーズンにおける二塁打の最多記録は、谷佳知(元オリックスほか)の52本、セ・リーグ記録の福留孝介(阪神)の47本を余裕で超える。今季は川端の1シーズン最多二塁打記録更新に期待したい。

前人未到の2年連続トリプルスリーを目指す山田哲人のY!


 ソフトバンクの柳田悠岐とともに、2年連続トリプルスリーを目指す山田哲人も好調だ。川端同様、セ・リーグ対戦相手が一巡したところの成績を比較してみる。

2015年:15試合
57打数17安打/打率.298/2本/3盗塁/10四球/9三振

2016年:14試合
52打数17安打/打率.327/4本/4盗塁/12四球/5三振

 なんと、全ての項目で昨季を上回っている。オープン戦の状況から、春先不調説、花粉症説と様々な憶測が流れていた山田。しかし、その心配は杞憂に終わりそうだ。

 今年から背番号1を背負ったミスタースワローズの後継者は、さらなる進化を遂げるだろう。

 開幕ダッシュはならなかったものの、15試合を終えてチーム打率.277は、広島に次ぐ2位のヤクルト。「セ界の火ヤク庫」と呼ばれる、自慢の打撃力は健在だ。

 坂口の加入もあり、メンバーが1年間ケガなく過ごせば、昨季以上の結果も期待できる。さあ、“ROB”を解体して新たに結成した“SKY48”の推しメンを決めて、ヤクルトのセ界連覇を見届けよう。

文=勝田聡(かつた・さとし)
松坂世代のひとつ上にあたりサッカーの黄金世代となる1979年生まれ東京育ち。プロ野球、MLB、女子プロ野球、独立リーグと幅広く野球を観戦。 様々な野球を年間約50試合現地観戦し写真を撮影する。 プロ野球12球団のファンクラブ全てに入会してみたり、発売されている選手名鑑を全て購入してみたりと幅広く活動中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方