週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】ドラフト候補怪物図鑑・近藤大亮(パナソニック)

 ドラフト候補選手をイラスト付きで紹介する「2015ドラフト候補怪物図鑑」。

 新進気鋭の女性ライター・則松(のりまつ)葉子さんが、「炎のストップウォッチャー」を連載中のキビタキビオ氏と、『野球太郎』持木編集長を質問攻めにします。

 唸りをあげる剛速球を武器にする近藤大亮投手が登場。社会人No.1右腕と評判の投手に迫ります。




ダイナミックなストレートをひっさげて


ノリマツ(以下ノリ):今回は社会人野球から近藤大亮投手の登場です。この選手の投げている姿は躍動感や華があって、かっこいいなと思いました。

キビタ:近藤投手は、大学時代も全国大会で活躍してきました。身体を目一杯使って投げるダイナミックな投球が持ち味ですね。

持木:実際は140キロ中盤くらいを計測していますが、打者の体感的には、150キロクラスの迫力あるストレートを投げます。

ノリマツ:バッターにとっては嫌な球ですね。コントロールも良いのですか?

キビタ:普通は、球が速いとコントロールが乱れやすいという弱点が出てくるものなのですが、意外と完成度も高いんです。120%の力で目一杯投げているわりには乱れない。腕を振って投げているので、スライダーも良いですよ。

持木:乱れてしまったとしても、低めに押さえつける球で、高いボールにはならないから打たれにくい。フォアボールも少なく、セットアッパー向きの投手だと思います。

セットアッパーの条件を満たすスピードと威力


ノリ:近藤投手はセットアッパーとしての資質を持っているようですが、セットアッパーに求められる条件とは何ですか?

キビタ:第一に、球が速いこと。そしてストレートに威力があり、その力でねじ伏せて三振をとれるかどうかですね。ストレートがダメなら問題外。

持木:ランナーがいるところでマウンドにあがる場面もあるので、なんとかヒットを打たせず守り抜きたいわけです。だから、打たせてとるタイプのピッチャーではセットアッパーは厳しいですね。

キビタ:彼はこれまで、わりと先発で投げてきたピッチャーなのですが、いま1年の半分くらいの試合で、セットアッパーとして投げまくっている、オリックスの佐藤達也投手と同じような活躍をするんじゃないかなと思います。

持木: うん、どう考えてもセットアッパーですかね。

24歳という年齢は、吉と出るか否か


ノリ: 近藤投手は、社会人で24歳となると、即戦力としてその完成度の高さが買われているんですか?

キビタ:高卒の選手なんかと比べたら、24歳という年齢はプロとしての活躍期間を考えると短い。完成されている分、伸びしろもそれ程ないという見方をされることもありますね。

持木:今の時点では、プロに行けるレベルだと思います。ただ社会人野球は試合数ががプロに比べると圧倒的に少ないです。だから今の能力を1年間通して維持できるのか、という点が危惧される場合もあります。

ノリ:なるほど。社会人とプロの差は他にどんなところがありますか?

持木:ピッチャーというよりバッターのレベルが違いますね。なので近藤投手は、プロのバッターをどこまで抑えられるか、(スカウトたちは)そこを見極めるでしょう。

ドラフト予想。パ・リーグでの活躍に期待


ノリ:色々な球団がほしがりそうな近藤選手ですが、彼の活躍の場はどこになるでしょうか?

キビタ:セットアッパーのポジションが定まりやすいパ・リーグですね。パ・リーグは思いきって振ってくるバッターが多いから、(近藤投手のピッチングスタイルが)ハマれば1年目から活躍できるでしょう。ストレートでガンガン押す投手が、パ・リーグには多いんです。

持木:逆にセ・リーグだと、空振りするくらいならチョコンと当てようとする傾向が強いので、打たれやすいかもしれない。セットアッパーとして、セ・リーグで活躍するには、ストレートとプラス「何か」が必要です。今季、ルーキーながら大活躍した山ア康晃投手(DeNA)は、ストレートとツーシームのコンビネーションが功を奏しました。近藤投手も、ストレートと何か違う変化球で勝負することができれば、セ・リーグでも活躍できるかもしれません。

ノリ:リーグでそんな違いがあるのは、おもしろいですね! 具体的に指名しそうな球団はどのあたりでしょうか?

キビタ: オリックス、日本ハム、ロッテもありますね。

持木: パ・リーグ、プラスDeNA、ヤクルトも欲しがるかもしれません。彼はさほど身体は大きくないですが、バランスもいいし全身を大きく使ってしっかり投げるピッチャー。セットアッパーとして開花すれば、人気も出る選手になると思います。


 豪快なストレートでその存在感を見せつける近藤投手。厳しい局面に登板することもあるセットアッパーだが、社会人野球での経験とベテランの完成度で、プロの世界でも勝ちを繋ぐ投手としての活躍を期待したい。


取材・文=則松葉子(のりまつ・ようこ)
ラジオ局勤務後フリーのライターとして美容やカルチャー、広告コピーを中心に執筆中。野球に関してはほぼ新人。春夏の甲子園と奇数月の大相撲を楽しみに生きている。スタイルにこだわらない柔軟なライティングがモットー。

イラスト=横山英史(よこやま・ひでし)
野球を題材にしたイラストを得意とするイラストレーター。スポーツ雑誌のイラストや、メジャーリーグ カンザスシティ・ロイヤルズのクラブハウスに飾られているチーム歴代プレーヤーを描いた作品なども制作。

出演者=キビタキビオ(きびた・きびお)
野球のプレーをストップウオッチで測る記事を連載中。NHKBS1で放送されているプロ野球ドキュメント番組「球辞苑」などに出演するなど、活躍の幅を広げている。

出演者=持木秀仁(もちき・ひでと)
ご存じ、本誌『野球太郎』編集長。今夏は甲子園大会の盛り上がりと相まって、週刊誌やテレビなどの取材を数多く受けた。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方