週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 鹿児島みどころ】目玉は不在も各校に試合を作る投手多数 ライバル校の左右の4番打者が県内双璧

投手編〜好左腕・松本が注目株

注目投手 松本晴

ドラフトの目玉になりそうな選手は見当たらないが、各チームに試合を作れる好投手は多数いる。
その中でも筆頭は樟南の左腕エース・松本晴だ。
2年春までベンチ入りもしていなかったが、夏にエースの座を射止め、準々決勝・大島戦で9回2死まで無安打無得点と鮮烈な印象を残した。
ストレート、変化球とも右打者の内角低めの切れ味が抜群。
厳しいコースを狙いすぎて死球になるのが玉に瑕だが、高校生でこのボールを攻略するのは至難の業と思われる。

 左腕では松江優作(れいめい)がこの春にブレイクした。
ストレートの球威に加えて、スライダーと縦のカーブで緩急も使えるようになり、三振の山を築く。
立本颯(鹿児島実)は力みのないフォームから安定感のあるマウンドさばきが光る。
横谷蒼(鹿児島商)はチームの浮沈を握るキープレーヤー。
2年生ながら上野倖汰(枕崎)も将来性を感じる好左腕だ。

 右腕にも好投手は多い。
吉村陸矩(鹿児島実)、中里琉星、金城伶於(ともに神村学園)、松永遥平(鹿児島)、内田慶介(国分中央)、上鶴剛正(鹿屋)、屈岡晃平(尚志館)、柳元義貴(薩南工)とエースクラスはいずれも安定感がある。
昨夏の甲子園を経験した中里、金城は実戦から遠ざかるチームを救う働きができるか。

 川内商工は昨夏8強に導いた両右腕・東畠竣、鳴川俊介が残っているのが強み。
腰のケガで昨秋は満足に投げられなかった宮田悠希(武岡台)は、最後の夏に復活を期す。
2年生では189センチの大型右腕・小峯新陸(鹿児島城西)、赤崎太優(大島)にも注目したい。

野手編〜左・西、右・松下が双璧

注目野手 羽月隆太郎

右打者では松下航太(樟南)、左打者では西竜我(鹿児島実)、名門校で4番を張る2人がこの年代では双璧をなす。

 松下は春季県大会で2本塁打を放ったのをはじめ、高い得点圏打率を残しており、少なくなった頼りになる「右の大砲」の存在感が際立つ。
準々決勝・鹿児島実戦でセンターバックスクリーンに放った2ランが印象深い。

 1年秋から鹿児島実で不動の4番にいる西は天性の柔らかさで様々な球種にも対応する。
見た目に威圧感がないものの、長打があるのは相手投手にとって厄介。
春は調子を落として4番を外れたこともあったが、復活した姿を見たい。

 ケガで出遅れた羽月隆太郎(神村学園)は春季県大会・種子島戦の終盤に代打で登場し、初打席、初スイングでライトスタンドに叩き込んだ。
チームメートの角颯真は、昨夏の甲子園・明豊戦で見せたバックホームが印象深い。
ともに超高校級のセンスを感じるプレーだ。

 春の県大会を制したれいめいは、3番打者・川口孝の勝負強さが光った。
石澤凛汰郎(樟南)はリードオフマンでも中軸でもこなせる器用さがあり、守備も上手い。
捕手では春4強入りを支えた187センチの田之畑翔也(国分中央)が、攻守に成長著しい。
春優勝の桑波田夢侑斗(れいめい)、昨夏準優勝を経験した上之薗太雅(鹿児島)や太良優伸(徳之島)も存在感がある。
篠田大聖(鹿屋中央)、和泉拓磨(鹿屋)は大隅地区を代表する俊足巧打の好打者として光る。

大会展望〜本命不在で混沌の様相を呈する

鹿児島 勢力ピラミッド

絶対的な「本命」はなく例年以上の混戦になりそう。
好左腕・松本晴を擁し春季九州大会8強の樟南、春季県大会覇者のれいめい、創部100周年の鹿児島実、強打の鹿屋中央あたりが軸か。
昨夏、秋の覇者・神村学園は部内の暴力事件のため、夏の開幕前日まで対外試合禁止。
実力的には本命だが、実戦不足をどうカバーするか。
試合巧者・国分中央や鹿屋、川内、薩南工、大島などの公立勢、昨夏準優勝の鹿児島や鹿児島情報、大隅の雄・尚志館などがどう絡んでくるか。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方