週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【あの高校生ドラフト候補へのおすすめ球団】根尾昂は日本ハム、藤原恭大はロッテ、阪神。そのわけは?

文=落合初春

【あの高校生ドラフト候補へのおすすめ球団】根尾昂は日本ハム、藤原恭大はロッテ、阪神。そのわけは?
 夏の高校野球が終わり、季節はドラフトへ。今年、注目の高校生ドラフト候補の「おすすめ球団」を独断と偏見で提案したい。

根尾昂(大阪桐蔭/遊撃手・投手)


■おすすめ球団:日本ハム
 銀河系軍団・大阪桐蔭で遊撃手、投手を務め上げた真の“二刀流”。夢のある起用ができるのは、大谷翔平を育てた実績のある日本ハム&栗山英樹監督だけ。

藤原恭大(大阪桐蔭/外野手)


■おすすめ球団:ロッテ、阪神
 将来像はさまざまな想像がされているが、高校生の外野手がドラ1候補に名前が挙げられるのは稀。1年目からがっつり使ってほしい。戦力的には「1番打者」に悩むロッテがおすすめ。ただ、ロッテは集客力重視に見える1位指名の割には、高卒はじっくりと育てる傾向にあるのが気になる。糸井嘉男、福留孝介の年齢問題が迫る阪神もアリか。

小園海斗(報徳学園/遊撃手)


■おすすめ球団:DeNA、オリックス
 二遊間の選手層が手薄なDeNAが「WIN-WIN」の狙い目と見た。ただ、DeNAが今年の東洋大トリオ(甲斐野央、上茶谷大河、梅津晃大)ら即戦力投手を見送って野手を1位指名する線はあまり考えられない。同様の弱点を抱えるオリックスも食指が動かしており、一本釣りの可能性も。

吉田輝星(金足農/投手)


■おすすめ球団:楽天、日本ハム
 甲子園での快投で世代ナンバーワン右腕の称号を得たが、今年の大学生投手を上回る評価が出るかは疑問。代名詞の「ギアチェンジ」もプロ仕様に作り変える必要があるだろう。獲りたい熱意、育てたい熱意重視で楽天、日本ハム。楽天・佐藤義則コーチ、日本ハム・吉井理人コーチの手腕を買いたいが、現実的には2軍投手コーチの腕次第か。

野村佑希(花咲徳栄/投手・一塁手・外野手)


■おすすめ球団:西武
 今夏はエースナンバーを背負ったが、高校通算58発、甲子園で8試合4発の長打力を誇る右の大砲。即戦力ではないが、将来的にホームランバッターを目指すならノビノビ打てる西武がベストか。花咲徳栄の先輩である愛斗もファームでノビノビとフルスイング中。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方