週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 岡山みどころ】新鋭校、伝統校それぞれに好投手が存在 打撃は新鋭校の井元、中山が筆頭格だ!!

投手編〜引地筆頭に右腕充実

注目投手 引地秀一郎

 今季の岡山で最も熱い視線が注がれているのが、最速151キロのストレートを誇る剛腕・引地秀一郎(倉敷商)だ。
冬場に取り組んだ股関節の柔軟性アップが実を結び、滑らかさを増したフォームへの改良に成功した。

 引地以外にも魅力的な右腕がズラリと並ぶ。
昨秋の優勝に大きく貢献した金村尚真(岡山学芸館)は最速145キロに達したストレートと、スプリットを中心とした変化球のコンビネーションが売りの"勝てる"投手だ。

 今春、甲子園のマウンドを経験した有本雄大(おかやま山陽)は、昨秋12試合中、6試合に完投するなど、圧倒的なスタミナが自慢。
「ズドン!」と捕手のミットを突き刺す好調時のストレートは、球速以上の威力を感じさせる。

 キレ型では、三井有世(関西)が面白い。
開きの遅いステップから投じる、スピンの効いたストレートで打者を差し込んでいく。

 成長著しい2年生右腕・西純矢(創志学園)からも目が離せない。
すでに140キロ台後半に達したストレートと、変化点が打者に近いスライダーは、3年と見間違うほどの完成度だ。

 右腕エースに追いつけ追い越せとしのぎを削る倉川太輝(岡山学芸館)、小引智貴(倉敷商)の両左腕もエースクラスの好投手だ。
倉川は両サイドへの高い制球力、走者を出してからの粘りが持ち味。
今春、引地を押しのけ、エースナンバーを手にした小引は鋭く切れるスライダーに一見の価値がある。

 左腕では、石ア佳以(玉島商)の巧みな投球も要チェックだ。

野手編〜"振れる"選手が盛りだくさん

注目野手 中山瞬

 センバツで鮮烈な先制弾を放った井元将也(おかやま山陽)を筆頭に、右の強打者に好素材が集う。
二度甲子園を経験した井元は、その経験から、打席でより一層迫力が漂うようになった。
マークが厳しくなるなか、県内随一のパンチ力を今夏も発揮できるか。

 2年春に甲子園を経験した中山瞬(創志学園)の広角に打ち分ける柔らかなバットさばきが光る。
遊撃、外野を高いレベルでこなし、最速147キロのストレートを武器にする投手としても活躍する"マルチプレーヤー"としても楽しみな存在だ。

 スラッガータイプの山下滉介(岡山理大付)、今春レギュラーに食い込んだ俊足強打の伊島龍哉(関西)、中学時代の実績に胡坐をかくことなく、泥臭いプレーでチームを引っ張る中江悠太(倉敷商)、投手としてもキラリと光る河原佳生(岡山商大付)らの活躍も楽しみにしたい。

 フルスイングが身上のアスリート系外野手・森下浩弥(おかやま山陽)、"山陽のギータ"と呼びたくなるような猪突猛進の振りでスタンドのどよめきを誘う岩本皓多(関西)、対応力の高さを感じさせる熊本大幹(岡山理大付)、攻守にエネルギッシュな知念大輔(岡山学芸館)ら、左打者にも硬軟両タイプの打者が揃っている。
 捕手では1年夏からマスクを被る藤原駿也(創志学園)、視野の広さを感じさせる川上雅稀(おかやま山陽)、正捕手争いで腕を磨いた北木隆貴(岡山学芸館)らのインサイドワークに注目だ。

大会展望〜"岡山新時代"を印象づける夏に?

岡山 勢力ピラミッド

直近の3年間で、夏初出場を果たした創志学園、岡山学芸館、おかやま山陽の3校を、春季県大会優勝の倉敷商、準優勝の関西の伝統2校が追いかける展開となりそうだ。
秋春ともに4強の創志学園だが、層の厚さは中国地区屈指で本命と言ってもいい存在。
中軸に迫力のある岡山理大付、守りが安定している興譲館、今春の健闘が光った東岡山工、岡山商大付らも上位進出を虎視眈々と狙う。
勢いのある"新鋭"が勝ち切るのか、"古豪"が健在ぶりをみせるのかに注目だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方