野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

《実践野球!弱点克服マニュアル》投手編E 頭が突っ込んでしまいます

2017-11-16(木)0:00

野球太郎の姉妹誌「中学野球太郎」が取材した強豪校のトレーニング術や問題解決方法などを掲載する新コーナー。子供たちに野球を教える指導者だけでなく、草野球ファンの方も必見!
内容は雑誌「中学野球太郎」Vol.5(2014年9月22日発行)のダイジェスト版です。

《実践野球!弱点克服マニュアル》投手編E 頭が突っ込んでしまいます
このページの見かた

◎そのままいくと……

君は頭が前に突っ込んでいないだろうか? 速い球が投げたい、大きくステップしたいなど、気持ちが前に前に行けば行くほど、頭も前に突っ込んでしまう。しかし、気持ちは前でも勢いは出ない。さらにはコントロールの低下と悪いことばかり…。熱い気持ちはそのままに、一旦冷静になろう。そして意識改革できれいなフォームを目指せ!


◎最大の原因

前足に意識を置きすぎている!


◎解決方法


軸足に意識を持とう
(塩山市立塩山中・平井成二監督)

★軸足で体を前に運ぶ

「速い球を投げたい」「バッターを抑えたい」という気持ちが先走るあまり、頭がキャッチャー方向に突っ込んでしまうピッチャーがいる。こうなると、頭と利き腕の距離が離れてしまい、コントロールを欠くことにもつながりやすい。
 技術的にもさまざまな原因が考えられるが、平井成二監督がそのひとつとして挙げたのが、「前足」への意識の高さだ。右ピッチャーなら左足となる。
「突っ込んでしまうピッチャーは、インステップを直すことを気にしていたり、ステップ幅を広く取ろうとして、えてして前足への意識が高い傾向にあります。体重移動を起こす際に大事なのは、前足ではなく軸足。軸足でどれだけ体を前に運べるか。軸足の力を使おうとすれば、頭の突っ込みを防げるようになります」  ステップする前足に着目しがちだが、ポイントは軸足にあるということだ。


意識がバッターや前足に向かいすぎると、気づかないうちに頭が突っ込んでいく

意識がバッターや前足に向かいすぎると、気づかないうちに頭が突っ込んでいく

ドリルへGO!

◎軸足ジャンプ


場所:狭
人数:1人
難易度:易★★☆☆☆難

目的:軸足への意識を高める!

■練習法/プレートの上に軸足一本で立ち、軸足の裏でプレートを押し付けるようにしてジャンプし、前足で着地する。イメージは高く跳ぶのではなく、低空飛行。
■狙い/軸足の力で体を前に運ぶことを覚える。どうしても、ステップする前足に意識が向きやすいが、体重移動の原動力は軸足にあることを覚えておきたい。軸足の力を使い終えたところで、前足が着地するイメージだ。
また、理想のステップ幅も、軸足の力によって決まってくる。頭が突っ込みやすい選手は、意識を軸足へ向けておこう。
■注意点/実際に投げるときも、軸足でプレートをグググッと押し付ける感覚を持っておきたい。

足を揃えて立つ
軸足の裏をプレートに押し付けて
低空飛行のイメージで飛ぶ
地面ぎりぎりまで足を下ろす

勢いだけで飛ばないようにゆっくりと軸足を使う


是非やってみてよう!


イラスト アカハナドラゴン
文 大利美 落合初春

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 野球エンタメコラム一覧#1
  3. 《実践野球!弱点克服マニュアル》投手編E 頭が突っ込んでしまいます

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.