週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《実践野球!弱点克服マニュアル》捕手編@ どう構えればいいのかわかりません

野球太郎の姉妹誌「中学野球太郎」が取材した強豪校のトレーニング術や問題解決方法などを掲載する新コーナー。子供たちに野球を教える指導者だけでなく、草野球ファンの方も必見!
内容は雑誌「中学野球太郎」Vol.5(2014年9月22日発行)のダイジェスト版です。

《実践野球!弱点克服マニュアル》捕手編F どう構えていいのかわかりません
このページの見かた

そのままいくと……

キャッチャーの君は普段どんな構えを意識しているだろうか? 実は座っているだけ…、なんて選手も多いはず。それではキャッチャーとして最高のパフォーマンスを発揮することは難しいだろう。そんな状況では、いつかピッチャーに愛想を尽かされる日がくる!? それを避け、ピッチャーの最大能力を引き出すためにも構えを見直してみよう。


◎解決方法

「三角形」をイメージしてみよう
(塩山市立塩山中・平井成二監督)

★「ひし形」ではなく「三角形」

 いいキャッチャーになるための第一歩が座り方。安定して座ることがいい「構え」に、そしてピッチャーの投げやすさにもつながる。
 平井監督のアドバイスは次の4点。
@ヒザと尻の高さを地面と平行に近づける(→尻が落ち過ぎず、動きやすくなる)
Aヒザを内側に入れる(→ミットを持った左手を動かしやすくなる)
B正面から見たときに三角形のシルエットをイメージする
C足首の柔軟性を養う
 一般的に、座り方は大きくわけて2つ。ヒザを体の外に出すか、あるいは内側に入れるか。平井監督曰く、内側に入れたほうが、ヒザと尻の高さが地面と平行になりやすく、かつミットを持った左手が動きやすくなるという。
 体の外に出すとシルエットはひし形に、内側に入れると三角形に。イメージするのは三角形のほうだ。

三角形をイメージして構えをつくろう

三角形をイメージして構えを作ろう

ヒザの外側で構えると左右の動きに対応しやすい

ヒザの外側で構えると左右の動きに対応しやすい


ドリルへGO!

塩山中足首ストレッチ


場所:狭
人数:1人
難易度:易★★☆☆☆難

目的:安定感と素早い動きを手に入れる!

■練習法/練習法/ヒザを内側に入れて構えるとき、足首が固い選手はかかとが浮き、つま先重心になってしまう。必然的に安定感を欠くことに。安定して座るには、足首の柔軟性が必須。平井監督がお勧めするのが2つのメニュー。
@段差のある台に足を乗せ、足首を45度ほどに曲げたうえで立つ。前屈をするとさらに効果あり。
Aキャッチャーと同じように座り、片ひざずつ体の中心に倒していく。
■狙い/足首の柔軟性を養う。毎日の積み重ねが大事。この2つのメニューでカカトが浮かなくなるそうだ。
■注意点/Aでは、胸を常に正面に向けておく。胸の角度は変えないように。

コンクリブロックなど、重さのあるものを利用しよう

コンクリブロックなど、重さのあるものを利用しよう

足首の柔軟性がキャッチングの幅を広げる

足首の柔軟性がキャッチングの幅を広げる


是非やってみてよう!


イラスト アカハナドラゴン
文 大利実 落合初春

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方