週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

File.061修徳中フットワーク2



打球への入り方を学ぶ

■練習法/【File.060修徳中フットワーク1】の動きをより実戦に近づけたメニュー。まずは肩甲骨をぐるっと大きくまわし、両腕を体の前に出す。この動きを入れるだけで肩甲骨が外に開き、腕を柔らかく使えるという。

 この練習のポイントになるのは左ページ写真4枚目以降の動きだ。ここでは、左足をグッと踏み込み、ボールとの間合いをはかる。そのあと、右足で小さくジャンプして、捕球動作に入る。

 修徳中ではこのジャンプを「リフト」と呼んでいる。リフトがバウンドに合わせる動きにつながっていく。

 ボールに対しては左足のかかとから入る。グラブは親指のツメをボールに向ける意識で、地面につける。グラブの面を見せてしまうと、柔らかい動きができなくなるという理由からだ。

■狙い/バウンドに対する合わせを学ぶ。左足で距離をはかったあと、右足をリフトさせて捕球動作を作る。

■注意点/打球を捕るイメージを持った中で、体を動かすこと。イメージできているかどうかは、目線に表れる。








▲肩甲骨をぐるっと大きく回して、両腕を前に出すことからスタート。腕を柔らかく使う意識を持つ


▲ボールにあわせて左足を踏み込み、ボールとの間合いをはかる




▲右足をリフトさせて、捕球体勢の準備に入る。リフトがバウンドに合わせるきっかけ動作になる




▲左足のかかとからふみこみ、捕球体勢を作る。グラブの形は親指のつめをボールに向けるイメージ

どんな練習か動画でチェック!


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方