週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

京田陽太(中日)と源田壮亮(西武)。似てるようで似てない、似てないようで似てる2人を比較してみた

京田陽太(中日)と源田壮亮(西武)。似てるようで似てない、似てないようで似てる2人を比較してみた

 開幕からレギュラーポジションを確保し、チームに大きく貢献しているルーキーショート・京田陽介(中日)と源田壮亮(西武)。

 新人王の有力候補とも目される両選手は、守備位置だけでなく、スラリとした体型、俊足、右投げ左打ちと似ている部分が多い。なんとなくイメージがダブっているプロ野球ファンも多いのではないか。もちろん、共通項もあるが当然ながら違う部分もある。それでは比較してみよう。

(成績は8月9日現在)

京田と源田のプロフィール


■京田陽太(きょうだ・ようた)
中日
背番号51
1994年4月20日生(23歳)
石川県能美市出身
青森山田高→日本大
2016年ドラフト2位

■源田壮亮(げんだ・そうすけ)
西武
背番号6
1993年2月16日生(24歳)
大分県大分市出身
大分商高→愛知学院大→トヨタ自動車
2016年ドラフト3位

 プロ入りは同期だが、社会人を2年経験している源田が学年では2個上となる。

 出身高校の甲子園出場回数は、京田の青森山田が春2回・夏11回。源田の大分商が春5回・夏15回と、どちらも名門ながら、両選手の在籍時には甲子園出場は果たせなかった。ただ、大学時代は、それぞれの所属リーグでベストナインに選ばれている。

京田と源田の打撃成績


■京田陽太
101試合:打率.284(395打数112安打)/得点圏打率.256/26打点/2本塁打/19盗塁/8盗塁死/出塁率.314

■源田壮亮
99試合:打率.274(398打数109安打)/得点圏打率.336/打点42/3本塁打/28盗塁/6盗塁死/出塁率.328

 開幕から全試合にフル出場している源田に対して、代打や守備固め、途中交代などもある京田。盗塁数や得点圏打率、打点なども含め、チームへの貢献度は源田の方が高い。ただし、安打数や打率は京田が上回っている。


京田と源田の守備成績


■京田陽太
10失策/守備率.980

■源田壮亮
14失策/守備率.973

 京田の10失策はセ・リーグで3番目に多く、源田の14失策はパ・リーグ最多タイ。

 打球をさばく機会が多いショートは、年間を通して試合に出て失策数が1ケタなら一流とも言われるポジション。5失策以下なら宮本慎也(元ヤクルト)、井端弘和(元中日ほか)のような守備職人クラスとなる。

 それを考えれば、まだまだ粗さが残る現状だが、ルーキー故に、当然ながらグラウンドも相手バッターも初めてというケースが多かった。その点は考慮すべきだろう。

 アマチュア時代から守備には定評のあった両選手だけに伸びしろは十分。全体的な慣れが見込める今季終盤、さらに来季には、今以上の精度となっていることを期待したい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方