週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

『野球太郎』presentsドラフト候補最新ランキング! 強いスイング部門など逸材を徹底的に追う!

『野球太郎』presentsドラフト候補最新ランキング! 強いスイング部門など逸材を徹底的に追う!

 4月3日に本誌『別冊野球太郎 2018春 ドラフト候補最新ランキング』が発売! 今年のドラフト戦線を賑やかすであろう注目の逸材の情報が満載の1冊だ。なかでも目玉特集として見逃せないのが「2018年春 野球太郎的ドラフト候補ランキング」。ここでは「史上初の試み?」とも噂される同特集の触りを紹介したい。

気になる「部門」が揃ったドラフト候補最新ランキング!


 この「2018年春 野球太郎的ドラフト候補ランキング」はドラフト情報に強い『野球太郎』が初の試みとして挑んだドラフト候補の最前線を伝える力作。『野球太郎』のライター、関係者30人が答えた45問のアンケートを元にランキング化した。

 ランキングの種類は「ポジション」、「カテゴリー(高校、大学、社会人)」という大括りのものは当然だが、それだけではない。

 「強いスイング部門」「長距離砲部門」「スピードスター部門」「走塁が巧い部門」「守備職人・内野部門」「守備職人・外野部門」「強肩部門」「コントロール部門」「球威部門」「ボールの伸び部門」「変化球部門」「奪三振王部門」「先発タイプ部門」「リリーフタイプ部門」「即戦力部門」「ロマン枠部門」……、なんとも楽しくなってくるランキングが設定されている。

 そして各ランキングのポイントを集計した「総合部門」の20傑は、今年のドラフト候補の春の実力がひと目でわかるドラフトマニア、アマチュア野球マニアにとって必須の逸材リストだ。

総合1位はやはり平成最強高校のあの選手?


 ちなみにポジション別のランキング1位を見てみると、投手部門はリーグ通算21勝で昨秋の大学日本一に貢献した松本航(日本体育大)。捕手部門は侍ジャパン大学代表経験のある吉田高彰(上武大)。内野手部門は高校球界の誇る安打製造機・小園海斗(報徳学園高)と、今年のドラフト最大の目玉・根尾昂(大阪桐蔭高)。外野手部門は2位に約2倍の得票ポイントを集めた藤原恭大(大阪桐蔭高)。

 そして、気になる総合1位は……根尾! 投手、外野手部門に票が割れながらも内野手部門で1位タイに立った根尾が、春の時点ではアマチュア球界のスターとして堂々トップに立った。

 二刀流を継ぐ? 高校生なのにあれだけバットを振れるのはすごい! あの送球は見もの! そう騒がせる根尾はこれからの半年でどんな姿に進化するのか。最近、野球太郎編集部とライターで雑談をしていた時も、根尾の将来像については喧々諤々。現時点では明豊高時代の今宮健太(ソフトバンク)が似ているにも思えるが、でも違うような……と結論は出ず。

 打ってもすごい、投げてもすごい、守ってもすごい。有り余る才能がジャストフィットするのはどんな形なのか。その行き先を想像しながら、楽しみに追っていきたい。

 来週の週刊野球太郎では、各部門別のランキングトップを紹介しよう。なお、『別冊野球太郎 2018春 ドラフト候補最新ランキング』では、この「野球太郎的ドラフト候補ランキング」で1位に輝いた18人の選手のインタビューを掲載。現時点のドキュメントとしてぜひチェックを。また、先鋭ライター陣が挙げる「私が気になるドラフト候補2018」、地区別に今季の見どころ、注目チーム情報やドラフト候補ランキングを紹介する「アマチュア野球の歩き方2018」を掲載している。

 この1冊を片手に高校、大学、社会人、独立リーグ球界の動向を追ってみてはいかがだろう!


文=山本貴政(やまもと・たかまさ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方