週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 北大阪みどころ】どこを見てもドラフト候補の大阪桐蔭! 潜在能力高い選手が多く、戦いが楽しみ

大阪桐蔭編〜何人がドラフト指名受ける?

注目投手 横川凱

 センバツ連覇を果たした大阪桐蔭はドラフト候補をたくさん抱える。
決勝で完投した根尾昂はご存知の通り、遊撃手と投手を兼任する。
センバツで絶好調だった智辯和歌山打線を寄せつけなかった。
夏に向けても、大一番と言われる相手には必ず根尾の投球が必要になってくるだろう。
打者としても広角に打てる長打力が魅力。
ここぞという場面で確実に結果を残してきた。
将来誰もが憧れる存在の選手になれる逸材だ。

 昨年、侍ジャパンU-18代表に選出された藤原恭大は、50メートル5秒7の俊足が自慢。
センバツまで苦しんだ右膝痛の影響もほぼなくなり、夏へ向けて全開モード。
ドラフト1位をもぎ取りたい。

 右のエース・柿木蓮は春季府大会でベンチを外れ、一から作り直した。
ストレートに磨きをかけ、センバツ決勝で投げられなかった悔しさを夏にぶつける。
左のエース・横川凱は春季府大会、近畿大会で背番号1を背負った。
190センチの長身からの角度が魅力。
ここまで甲子園で納得いく結果を残せていないだけに、最後の夏にかける気持ちは強い。
強肩、ブロッキング、投手とのコミュニケーションなど小泉航平の捕手としての総合力の高さも、目立たないがチームを支えている。
春は捕手の石井雄也、外野手の中野波来など秋以降も期待できる2年生が経験を積んだ。

 そして、中川卓也は高いミート力など攻守での貢献度も高いが、チームをまとめる力も高い。
昨夏の悔しさを忘れず、「100パーセントの確認」と「主将力」を胸に、高校球界に名を残す偉業に挑む。

投手編〜実戦型も素材型も


 この春に最も生きのいい球を投げていたのが久保玲司(関大北陽)だ。
170センチ64キロと決して大きくはないが、左腕からキレあるストレートを投げる。
他にも196センチの長身右腕・吉野滉平、本格派の北口翔大と投手力に自信を持つ。

 187センチ右腕・羽田野温生(汎愛)は今春に最速147キロを計測した。
1年秋には大阪桐蔭の根尾や藤原相手に堂々の投球を見せたこともある。
類まれなポテンシャルを実戦的に投げられれば、「公立から甲子園へ」も叶えることができる。
河内大地、笹沼歩(ともに東海大大阪仰星)は経験豊富な右腕。
春は4回戦で敗れたが、夏にリベンジを誓う。


野手編〜こちらの「藤原」もいいぞ

注目野手 濱内太陽

 春に投打で注目されたのが藤原涼太(寝屋川)。
投げる方では大阪桐蔭の西谷浩一監督に「クレバーな投手」と言わしめた投球術が武器。
元々野手で入学したため打撃にも自信があり、実は春の公式戦では打棒も爆発させている。
昨夏もエースとして登板しており、経験は豊富。

 履正社は濱内太陽、筒井大成、西山虎太郎、松原任耶など昨春のセンバツ準優勝メンバーが残る。
他にも野口海音など期待の下級生も多い。
春までは投手陣に若干の不安が見られただけに、打撃で投手陣をカバーしたい。
山下泰輝(関大北陽)は堅実な遊撃守備と打撃に注目だ。

大会展望〜大横綱・大阪桐蔭に死角なし?

北大阪 勢力ピラミッド

センバツ連覇を成し遂げた大阪桐蔭の「1強」を止められるか?
 北大阪の焦点はこれに尽きる。
対抗馬と目される関大北陽、履正社などでさえも、正直なところ、力の差がある印象はぬぐえない。
昨夏準優勝の大冠、春に大阪桐蔭と好勝負を演じた寝屋川など公立勢がどこまで食い込めるか。
好投手のいる東海大大阪仰星など、春に目立てなかったチームが大会前半で王者・大阪桐蔭と対戦すれば、大会としては面白くなるかもしれない。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方