週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2013夏・南北海道の有望野手を紹介します!

【南北海道・野手編】ドラフト関連度B

粒揃いの左の好打者たち

 全国でも有数の外野手・吉田雄人(北照)を中心に、左打者に好素材が揃う。吉田は打席での落ち着きに威圧感が加わり長打を連発。主将として一つ先を考えてプレーできるのが最大の強みだ。

 トップの位置が崩れず一発もある佐藤大夢(札幌第一)、左では道内屈指の長距離砲・桑田皓太(駒大苫小牧)も注目。

 大型内野手として高評価の山崎友也(札幌日大)と名門校で1年からレギュラーの吉田甫(北海・2年)が楽しみ。山崎は186センチの長身ながらグラブさばきもよく、広角に打ち分けるが足のケガからの回復が気になる。吉田はチーム打撃を叩き込まれる北海でもその存在感、期待感は別格で守備もまずまずだ。

献身的プレーにも注目

 昨年に続き捕手の人材が豊富で今年は強肩・強打と生粋の捕手タイプの3人が注目だ。

 甲子園でも存在感を発揮した小畑尋規(北照)は不動の4番で強打のイメージが強いが、実は足も速く走塁も巧み。高橋一真(駒大苫小牧)はインサイドワークに長け主将としての視野の広さで多彩な投手陣からの信頼が厚い。高校通算50本に届く勢いの櫻間恒生(立命館慶祥)は90キロの重量級。全国的にも貴重な右の大砲で、こちらも主将。春は2番打者で登場し驚かせた。

【注目選手】吉田雄人(北照)


記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方