週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

もう「俺達」なんて言わせない! 西武救援陣は増田達至が立て直す!!


 勝ち試合で登板しては打たれてを繰り返す……。知る人ぞ知る「俺達」と呼ばれる西武の中継ぎ投手陣。近年は俺達軍団の解体作業が進み、試合が壊されることも少なくなってきた。

 その西武の新生救援陣の中心を担っているのが、今季プロ4年目となる増田達至である。

 昨季は自信最多となる72試合に登板し、42ホールドポイントを獲得。西武の中継ぎ投手としては、2003年の森慎二以来12年ぶりとなる最優秀中継ぎを獲得するなど、まさに大車輪の活躍をみせた。

 今季の活躍次第では、侍ジャパンに招集されてもおかしくない逸材のことをもっと知ってもらえるように、ここまでに至る歴史や特徴をレクチャーしたいと思う。

ハズレくじが生んだ中継ぎのキーマン


 柳学園高から福井工業大、NTT西日本を経て、2012年のドラフト1位で西武に入団。ソフトバンクに入った東浜巨のハズレ1位だったが、今となっては結果オーライの指名。

 1年目はキャンプで調子が整えられなかったことで、開幕1軍とはならなかったが、シーズン途中で昇格。すると14試合連続無失点を記録するなど、当時の西武の中継ぎらしからぬ活躍を見せる。

 また先発投手を重視する西武お得意の先発チャレンジも行われ、慣れない状況のなかでも楽天を相手に4回1/3を1失点で切り抜けた。しかし筆者を含め、多くの西武ファンは中継ぎでの起用を望んでいたため、ここで勝ち負けの付かない微妙な内容になったことに、ある意味、胸をなでおろしたのは言うまでもない。

 そして2年目も中継ぎで起用され、チームトップの22ホールドをマーク。そしてタイトルを獲得した昨季の大ブレイクにつながっていった。


打者が手を焼くクセのある豪速球


 増田の武器といえば、最速152キロのストレート。昨季の投球割合の65%を占め、被打率約20%、奪空振り率13%となっていることから、増田自身も自信を持って投げているウイニングショットだ。

 筆者も昨季オリックスの糸井嘉男から空振り三振を奪ったうなるように伸びていくストレートが、今なお脳裏に焼き付いている。

 一方で課題は変化球。とりわけスライダーは被打率が3割を超えてしまっているので、長きに渡って活躍するためには、ストレート+αがほしいところだ。

今季は最後の砦として他チームに立ちはだかる


 そして迎えた2016年シーズンは、当初の構想では昨季同様に同期の高橋朋己と勝ち継投を組む予定だった。しかし開幕戦で高橋が打ち込まれたことで、早くも配置転換が行われ守護神を任されることに。

 昨季も3セーブを挙げているが、本格的なクローザーとしてのデビューとなった楽天戦では、茂木栄五郎、ジョニー・ゴームズ、藤田一也を相手に3者凡退と上々の結果を残した。

 1点差ゲームをしっかりとものにできたことは、本人も自信になったとコメントしているし、チームにとっても非常に大きい。

 これまで「俺達」に傷つけられたファンの心を癒やすためにも、増田には更なる活躍を期待したい。

文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方