週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

攻撃的な「2番・ペゲーロ」軸は継続? ルーキー・岩見雅紀で超重厚に? 楽天打線2018を予想!

攻撃的な「2番・ペゲーロ」軸は継続? ルーキー・岩見雅紀で超重厚に? 楽天打線2018を予想!

 昨季は前半戦に好スタートを切り、首位を快走したが、ケガ人続出で涙を呑んだ楽天。

 今季は自慢の打線が火を噴くのか? 2018年の楽天打線を予想してみた。

楽天打線2018:プランA


1(遊撃):茂木栄五郎
2(右翼):ペゲーロ
3(三塁):ウィーラー
4(DH):アマダー
5(一塁):銀次
6(左翼):島内宏明
7(二塁):藤田一也
8(中堅):オコエ瑠偉
9(捕手):嶋基宏

 昨季前半の好調の要因だった「2番・ペゲーロ」を信頼するならこれが本線。夏場からCSにかけては駒が揃わず、2番・藤田一也の並びが多かったが、2番・島内宏明、2番・茂木栄五郎、2番・銀次なども試し、梨田監督は「2番・強打者」をまだ諦めてはいないはず。

 空席は外野一枠(中堅or左翼)でオコエ瑠偉らが争う展開になる。新外国人のディクソンも強打の好素材。肩の手術で開幕は逃しそうだが、隙あらば助っ人三連星の一角を担うことになりそうだ。

楽天打線2018:プランB


1(中堅):オコエ瑠偉
2(右翼):ペゲーロ
3(遊撃):茂木栄五郎
4(三塁):ウィーラー
5(二塁):銀次
6(DH):アマダー
7(左翼):島内宏明
8(一塁):岩見雅紀
9(捕手):嶋基宏

 楽天の面白いところはあと一人の覚醒で超重厚打線が組めるところだ。昨季は二塁・銀次が機能し、打線の幅が広がった。特に一塁手でブレイクする日本人選手が現れれば、その破壊力は抜群だ。

 ドラフト2位の岩見雅紀(慶應義塾大)は「慶應のバレンティン」「慶應のエルドレッド」と呼ばれた巨漢大砲。銀次が二塁に回ることで一塁が空席になる。

 さらにオコエが1番打者に定着すれば……。夢を広げられるだけの戦力と素材は揃っている。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方