週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 佐賀みどころ】県内最速の木村は田中豊樹(日)の再来 最注目捕手・土井はまさに"強肩強打"

投手編〜今年は大器晩成型の当たり年!?

注目投手 木谷聖哉

佐賀県最速男は木村颯太(佐賀商)。
177センチ81キロの体から放つ143キロのパワーボールは、佐賀商時代の田中豊樹(日本ハム)を見ているかのよう。
重く、伸びのあるストレートで内角を突き、ツーシームやチェンジアップ、スライダーを交えて、外の球をより遠くに見せる投球術も冴える。

 昨秋から故障に苦しんでいるが、ポテンシャルは佐賀県でもトップクラスの右腕が木谷聖哉(東明館)だ。
180センチと長身の一方で体重は62キロと物足りなさはあるものの、美しい立ち姿から130キロ台でも説得力十分の球筋。
故障前まではスライダーのキレ、角度も素晴らしかった。
東明館には2年生右腕の川口剛輝も豊かな将来性を秘めている。
こちらも182センチ67キロと線は細いが、低めに決まる変化球の質がよく、投球リズムもいい。
 龍谷がポテンシャル十分の両右腕を中心に投手王国を形成しつつある。
春以降に急成長を遂げている松尾和樹は183センチ73キロと均整の取れたルックスがまず目を惹く。
141キロのストレートとスライダー、タテのカーブを中心に組み立てる本格派だ。
杉山宗治郎は140キロ近いストレートで押す強気の投球が売りだが、もう少々のキレがほしい。

 タテ横2種類のスライダーを巧みに使い分ける伊藤諒成(唐津商)も140キロに迫ってきた。
捕手・土井とのバッテリーの完成度は県内随一といっていい。
昨夏甲子園で先発マウンドを踏んだ左腕の安在悠真(早稲田佐賀)は両コーナーへ散らすスライダー、チェンジアップのキレがよく、打者に的を絞らせない。
豊富な実戦経験とマウンド度胸も大きな強みだ。

 板谷英龍(唐津南)は、なかなか切れるスライダーを操る。
投球テンポもよく、好調時は気持ちよくストライクを先行させ振ってくる強打線を面白いようにハメていく。
中尾文治(鳥栖)は130キロ台中盤のストレートとカット気味のスライダーのキレに光るものがある。

野手編〜最強捕手と走攻守のタレント群

注目野手 土井克也

まさに「強肩強打」の称号がぴったりのプロ注目捕手・土井克也(唐津商)。
遊撃手でのプレー経験もあるため、敏捷性に満ちたフットワークや送球の安定感も抜群だ。
昨夏も4番を打つなどパンチの効いた打撃にも定評がある。
1年で出場した夏の甲子園でもマスクを被った今夏最注目の捕手である。

 広角に強いライナー性の長打を打ち分ける松尾武蔵(佐賀学園)。
速球系にめっぽう強く、初球から積極的にスイングをかけてくる姿勢も好感が持てる。
外に逃げる変化球への対応に課題は残すが、切れ味のあるスイングから放たれる打球は明らかに他の選手と違う。
棚町円偉もスイングは力強く、思い切りのいい走塁センスで佐賀学園の打線を引っ張っている。

 地肩の強さと4番打者としてのパンチ力、そして絶えず先の塁を狙う走者としての嗅覚、野性味を帯びた緒方悠介(鳥栖工)のプレーは一見の価値あり。
鳥栖工には対応力の高い原丈一郎もいる。
寺崎拓真(東明館2年)は打って進めるタイプの2番打者。
長打力と足があるため、来季以降はクリーンアップの適性も見てみたい。

大会展望〜本命なき大混戦

佐賀 勢力ピラミッド

大本命不在の状況は今年も変わらない。
ここで第4グループまでに名を挙げた13チームを中心に大混戦のまま夏を迎えそうだ。
その中で絶対的司令塔の土井が君臨する唐津商が春は準優勝。
バッテリーの安定感を考慮して、ズバリ夏は優勝争いの先頭を走るのではないかと読む。
佐賀市内3強の佐賀学園、佐賀商、龍谷も僅差で追うが、最近の佐賀は昨夏の早稲田佐賀といいフレッシュな顔ぶれが制する傾向にある。
春優勝と大躍進を遂げた東明館には大いに期待したい。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方