週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

二塁手はトリプルスリー・山田哲人(ヤクルト)で決定ムードも、菊池涼介(広島)はどうする……


 先週末に今季のオールスターゲームが開催されたが、日本代表はいうならばオールスターのなかのスターが集まったチームだ。優れた選手が同じポジションに重なることもあり、どの選手が選ばれるか、ファンの間で議論になることもある。

 来年のWBCでは「日本代表の二塁手は誰か」が、ひとつのポイントになるだろう。

山田も菊池も捨てがたい……


 7月12日現在、打率.352、29本塁打、72打点、19盗塁と史上初の2年連続トリプルスリーに加え、三冠王も狙える驚異的な成績を残しているヤクルトの山田哲人。順当にいけば山田が日本の二塁を守ることになるだろう。

 しかし、超人的な守備力を誇り、打率.314、8本塁打と攻守にバランスが取れている菊池涼介(広島)も捨てがたい。周りをあっといわせる菊池のプレーが大会全体の流れを日本に手繰り寄せる可能性もあり、すんなりと二塁は山田と決めていいものだろうか。


外国人投手にも威力を発揮する山田のバット


 山田、菊池両選手とも過去3回のWBCには出場していない。昨年のプレミア12では山田が選ばれ、全試合に3番で出場し26打数8安打、打率.308。三位決定戦のメキシコ戦では2本塁打を放った。代表での実績は山田のほうが上。

 では、対外国人投手での成績にちがいはあるのだろうか。プロ入り以降、両選手の対日本人投手、対外国人投手の成績を調べてみた。年度ごとの成績は以下の通りだ(外国人投手にはアジア系の選手も含む)。

 まずは、山田からみていこう。

2012年
対日本人 39打数11安打/1本塁打/打率.282
対外国人 5打数0安打0本塁打打率.000

2013年
対日本人 294打数/85安打/3本塁打/打率.289
対外国人 56打数/14安打/0本塁打/打率.250

2014年
対日本人 501打数163安打/26本塁打/打率.325
対外国人 95打数30安打/3本塁打/打率.316

2015年
対日本人 446打数152安打/35本塁打/打率.341
対外国人 111打数31安打/3本塁打/打率.279

2016年(7月12日現在)
対日本人 245打数83安打/20本塁打/打率.339
対外国人 70打数28安打/9本塁打/打率400

通算
対日本人 1525打数494安打/85本塁打/打率.324
対外国人 337打数103安打/15本塁打/打率.306

 山田は外国に弱いかもしれないと調べてみたが、日本人、外国人問わず打率3割を残している。

 昨季、マイコラス(巨人)に10打数1安打。マシソン(巨人)に8打数1安打と抑えられていたが、今季はマイコラスに2打数1安打、マシソンに5打数2安打と、打数は少ないもののよく打っている。

 広島のクリス・ジョンソンに対し、昨季は17打数7安打。今季も14打数5安打。通算で31打数12安打とカモにしている点も見逃せない。山田のバットは外国人相手でも威力を発揮している。

二塁手争いはハイレベルな争いに



 次に菊池の対日本人、外国人の成績を見てみよう。

2012年
対日本人 167打数37安打/2本塁打/打率.222
対外国人 34打数9安打/0本塁打/打率.265

2013年
対日本人 467打数118安打/10本塁打/打率.253
対外国人 71打数15安打/1本塁打/打率.211

2014年
対日本人 492打数157安打/10本塁打/打率.319
対外国人 87打数31安打/1本塁打/打率.356

2015年
対日本人 475打数126安打/7本塁打/打率.265
対外国人 87打数17安打/1本塁打/打率.195

2016年(12日現在)
対日本人 305打数96安打/8本塁打/打率.315
対外国人 39打数12安打/0本塁打/打率.308

通算
対日本人 1906打数534安打/37本塁打/打率.280
対外国人 318打数84安打/3本塁打/打率.264

 山田ほどではないが、菊池も外国人投手をさほど苦にしていない。

 阪神のメッセンジャーに対し、今季は6打数4安打。小柄ながら背の高いパワーピッチャーに対しても結果を残している点はプラス材料だ。

 圧倒的な成績を残しているだけあって、山田は外国人投手も苦にしていないことがわかった。今季は守備面でも格段の進歩を見せていて、二塁手は山田しかいないだろう。

 山田を指名打者か一塁手に回し、菊池を二塁手という策もあるだろうが……。いずれにせよ、ハイレベルの二塁手争いになりそうだ。


文=京都純典(みやこ・すみのり)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方