週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《実践野球!弱点克服マニュアル》走塁編B 打球判断がうまくできません

野球太郎の姉妹誌「中学野球太郎」が取材した強豪校のトレーニング術や問題解決方法などを掲載する新コーナー。子供たちに野球を教える指導者だけでなく、草野球ファンの方も必見!
内容は雑誌「中学野球太郎」Vol.5(2014年9月22日発行)のダイジェスト版です。

《実践野球!弱点克服マニュアル》走塁編B 打球判断がうまくできません
このページの見かた

そのままいくと……

キミはランナーとしての打球判断に自信があるだろうか。バッターが打った瞬間にGO! 必死で走るあまり、打球を見るのを忘れて暴走。または、打球を追いすぎてしまって減速してしまった。そんなことを繰り返しているとチームの得点は減っていく一方だ。打球判断の考え方をしっかり身につけ、自分の判断で走れる選手になろう!


最大の原因

打球判断のポイントがわかっていない!

解決方法


できるかぎり自分の目で見よう
(川口市立在家中・酒井顕正監督)

★3つの視点を逃さない

 試合を見ていると、「次の塁にいけたのに!」と感じる走塁シーンがいくつもある。
 その原因のほとんどが、自分の目でプレーを見ていないこと。指導者から「コーチャーを頼らずに、自分で見なさい!」と言われたことがある選手も多いのではないだろうか。
 ただ、プレーをずっと見続けながら走るのは不可能なこと。大事なのは、「何」を見るかだ。酒井監督が具体的な視点を教えてくれた。たとえば、レフト前ヒットの場合、
@レフトが捕る瞬間
Aレフトがカットマン(ショート)に投げる瞬間
Bカットマンが捕る瞬間
 この3つの瞬間を、必ず見る。
 ただ、自分の目では見えにくい場面も出てくる。たとえば、ランナー二塁でレフト前ヒット。それでも、この場面でも「自分で見る!」が酒井監督の教えである。


自分で見ることで打球判断力を鍛えていこう!
自分で見ることで打球判断力を鍛えていこう!

自分で見ることで打球判断力を鍛えていこう!

ドリルへGO!

逆回り打球確認


場所:広
人数:3人以上
難易度:易★★☆☆☆難

目的:自分の意志で次の塁を狙う

■練習法/ランナー二塁でレフト前ヒット。ランナーにとっては、自分の目で見づらい角度に打球が飛ぶことになる。
 ホームに突っ込めないタイミングの場合、酒井監督が指導しているのは「逆回り」だ。右足でベースの二塁側を踏み、時計回りにクルッと回転。体をレフト側に正対させることで、レフトが捕球や返球するところを見ることができる。
■狙い/自分の目で見る。レフトがファンブルする瞬間を見逃さないこと。一塁ランナーが、ライト前ヒットで二塁を踏むときなどにも応用できる。
■注意点/ホームにいけるタイミングであれば、逆回りせずにそのままGO!

打球の処理を確認して、すばやく進塁か帰塁を決める
打球の処理を確認して、すばやく進塁か帰塁を決める
打球の処理を確認して、すばやく進塁か帰塁を決める

打球の処理を確認して、すばやく進塁か帰塁を決める


是非やってみてよう!


イラスト アカハナドラゴン
文 大利実 落合初春

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方