週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《実践野球!弱点克服マニュアル》打撃編A バットが速く振れません(1)

野球太郎の姉妹誌「中学野球太郎」が取材した強豪校のトレーニング術や問題解決方法などを掲載する新コーナー。子供たちに野球を教える指導者だけでなく、草野球ファンの方も必見!
内容は雑誌「中学野球太郎」Vol.5(2014年9月22日発行)のダイジェスト版です。

《実践野球!弱点克服マニュアル》打撃編A バットが速く振れません(1)
このページの見かた

そのままいくと……

「速く振れ!速く振れ!」。そう言われたことがあるだろう。でも、力を入れて振っても振ってもバットは重く感じるばかり。体ばかりが前に突っ込み、バットが遅れていないだろうか。そういった経験がある選手は要注意! 力任せでは手にマメができるばかりで、スイングは速くならない!? バットを速く振るためには「コツ」がある!


最大の原因

「最短距離」の意識が強すぎる


解決方法


落下運動を使おう
(野木町立野木第二中・板倉茂樹先生)

★トップからの落下運動

 ヒットを打つために欠かせない要素のひとつ、スイングスピード。だが、スイングスピードを速くする方法はあまり語られていない。
「考え方さえ変えれば、その瞬間に速くなりますよ」と自信を持って語るのが板倉茂樹先生だ。
「落下運動を使うことです。ほとんどのバッターが、並進運動→回旋運動でバットスイングをしていますが、一流選手になるほど、落下運動→並進運動→回旋運動の順でスイングをしている。トップからの落下運動を意識することでスイングは確実に速くなります!」
 中学生の多くは、トップから「最短距離」での振り出しを意識しているが、考えるべきは「最速加速運動」の軌道だという。言葉ではイメージが沸かないと思うので、下の図を見てほしい。図のようにジェットコースターのような軌道を描くことで、重力を利用した速いスイングにつながるという。


下が最速加速運動。実はこちらの方がスピードは出る
左が最速加速運動。実はこちらの方がスピードは出る

下が最速加速運動。実はこちらの方がスピードは出る

ドリルへGO!

ゆらゆらスイング


場所:狭
人数:1人
難易度:易★★☆☆☆難

目的:脱力を実感する!

■練習法/「落下運動」といっても、当然のことながら習得するには練習が必要。板倉先生がまず重視するのは、落下運動を体現するための体作りだ。まずは「肩甲骨・股関節ゆらゆらスイング」。肩甲骨・股関節を脱力させて、ゆっくりと揺らぎを実感しながら体全体を上下させていく。
■狙い/トップからの落下運動は、決してバットだけを落とすものではない。股関節やみぞおちの力を抜いて、体幹部をダルマ落としする感覚で落下させる。力を入れるのではなく、力を抜くことがポイントとなる。
■注意点/バットは体の近くから離さないこと。バットヘッドが寝ると、遠心力がかかってしまう。

ゆらゆらと左右に何度も揺れながら姿勢を落としていく
ゆらゆらと左右に何度も揺れながら姿勢を落としていく
ゆらゆらと左右に何度も揺れながら姿勢を落としていく

肩甲骨と股関節を脱力させて、ゆらゆらと左右に揺れながら姿勢を落としていく


メビウススイング


場所:狭
人数:1人
難易度:易★★★☆☆難

目的:落下運動を実感する!

■練習法/続いては、板倉先生が「メビウススイング」と呼ぶメニュー。体の前で、「∞」を描くようにしてスイングする。股関節の脱力を利用して、空手チョップするように振り下ろす。
■狙い/股関節の脱力をきっかけにした「落下」を身に付ける。このとき、バットのグリップは前足側でなく、軸足側に落としていく。右バッターでいえば、右足側だ。このほうが、「落下」を体感しやすくなる。
■注意点/グリップの位置を体の幅の中に収め、手首を返すのではなく、ヒジを返す動きを意識しながら行う。体からバットが離れて、ヒジが左右に大きく動いてしまうことのないように気をつけよう!

バットを立てた状態で構える

バットを立てた状態で構える

股関節の脱力を利用して、バットを左右に落下させ、「∞」を描く

股関節の脱力を利用して、バットを左右に落下させ、「∞」を描く

なるべく体の近くでバットを回す

なるべく体の近くでバットを回す

是非やってみてよう!


イラスト アカハナドラゴン
文 大利実 落合初春

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方