週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

高橋朋己(西武)と澤村拓一(巨人)。今季、実績十分のリリーバーに復活の日は訪れるか?

2018-03-05(月)0:00

高橋朋己(西武)と澤村拓一(巨人)。今季、実績十分のリリーバーに復活の日は訪れるか?

 高橋朋己(西武)、澤村拓一(巨人)と、昨季は力を出せなかったリリーバーが復活の兆しを見せている。

◎左腕復活なら牧田の抜けた穴は埋まる?


 西武のリリーバー・高橋朋は2014年に63試合で防御率2.01、2015年には62試合で防御率2.92をマーク。シーズン途中でクローザーからセットアッパーへ、あるいは逆の配置転換をされながらも、それなりの結果を出してきた。

 しかし2016年は、4月に発症した左ヒジ痛によりトミー・ジョン手術を受け、2017年はそのリハビリに大半を費やしたため、ほぼ戦力にはならなかった。

 今季は、キャンプからしっかり参加し、連日のブルペン入り。1軍で投げられる態勢は整いつつある。リハビリ中は、同じ手術を受けたダルビッシュ有(カブス)の調整方法などを参考にしたという。

 1月26日には、体重3048グラムの長男が誕生。これで2児のパパとなった。プレーする上で、ますますモチベーションが上がるだろう。海を渡った牧田和久(パドレス)の穴を埋めるのは容易ではないが、実績のある高橋朋なら補える可能性はある。

◎昨季は1軍登板なしのセーブ王


 澤村も昨季は1軍登板なし。振り返れば、事の始まりは3月4日の日本ハムとのオープン戦だった。5回からマウンドに上った澤村は、初球を清水優心の頭部にぶつけてしまい、危険球退場。そこから、右肩痛を発症し、2軍暮らしが長引いてしまう。

 挙げ句の果てに、その原因は「チームのトレーナーによるハリ治療の失敗で神経障害が起こった可能性がある」と球団が発表。その真相はともかく、2016年には37セーブでタイトルを獲った澤村が、2017年は戦力になれず。そして巨人は4位に沈んだ。

 この春季キャンプでは2軍組で調整していたが、ブルペンではしっかりと投げ込みを行っており、フリー打撃やシート打撃にも登板。150キロ近いストレートを投じていた。

 オープン戦で1軍マウンドの感覚を取り戻せば、今季はチームに貢献できそうだ。


◎優勝から遠ざかっている両チーム


 巨人は3年、西武に至っては9年もリーグ優勝から遠ざかっており、その間にセ・リーグでは広島が、パ・リーグではソフトバンクが黄金時代を築きつつある。巨人と西武がもう一度、覇権を取り戻すためにも、両リリーバーの復活が切望される。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#2
  3. 高橋朋己(西武)と澤村拓一(巨人)。今季、実績十分のリリーバーに復活の日は訪れるか?

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.