野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

解き明かされかけた攻略法。すぐに修正を施した清宮幸太郎(早稲田実)。秋を全国準優勝で締める

2016-11-22(火)12:00


◎櫻井(日大三)が投じたインサイドへのスライダー


 衝撃の光景だった。寒空の神宮球場。秋の東京制覇をかけた日大三との大一番で、清宮幸太郎(早稲田実)はなんと5打席連続三振を喫した。

 序盤、日大三バッテリーは清宮のインサイドを攻めた。左腕・櫻井周斗の手元で鋭く曲がるスライダーは左打者の背中に向かいながら、急激な角度でストライクゾーンに入ってくる。清宮は左打ち。左打者から見れば、死球の恐れを抱かせるこのボールで、まずは清宮の腰を引かすことに成功する。

 清宮にはなす術がなかった。インサイドへのスライダーだけであれば、試合中に修正して対応できたかもしれない。しかし櫻井は、ここから多彩な攻めで清宮に襲いかかる。

 このインサイドへのスライダーをとっかかりに、外角高めのストレートでファウルを打たせる。決め球には膝元に落ちるボールと外角低めに逃げていくボール、この2つの変化球を用意。清宮のスイングは面白いように空を切った。
 日大三バッテリーはしたたかだった。清宮にインサイドへの意識を植えつけ、それ以外の球は全てボールゾーンで勝負した。対応に焦る清宮はその術中にはまり、すべての球を追いかけてしまった。

 試合は下位打線の活躍や野村大樹のサヨナラ弾で早稲田実が勝利、来春のセンバツ出場をほぼ確実なものとした。しかし、清宮本人にとっては悔いの残る試合となった。


◎リスクを回避した静岡


 日大三との激闘から1週間後、早稲田実は東京代表として明治神宮大会に臨んだ。各地区の王者が一堂に会する全国トーナメントであり、大会出場校のレベルは当然、春夏の甲子園に匹敵する。

 注目はやはり清宮に集まった。あの5打席連続三振で、清宮の攻略法が具体的に洗い出された。そこから短い期間でどのように修正してくるか。早稲田実は初戦、キレのあるスライダーを持つ左腕・池谷蒼大擁する静岡と対戦した。

 静岡バッテリーの攻めは日大三のそれを参考にしなかった。積極的に打ち取ることよりも、まずは長打の危険性を徹底的に避ける方向で、清宮に挑んだ。

 第1打席は外角への逃げる変化球中心の配球。清宮は失投で中に入った池谷のスライダーをライト前に運んだ。そして第2打席、池谷がインサイドに投じたストレートが清宮の体に当たった。死球で一塁に向かう清宮。静岡がインサイドを攻める変化球を使わなかったのは、池谷の制球を不安視していたからかもしれない。

 第4打席にはフェンス直撃の安打も放ち、この試合は3打数2安打。日大三戦での屈辱を引きずらず、清宮は見事に結果を残した。チームも勝利し、準決勝進出を決めた。

◎苦手意識を克服した清宮


 準決勝は右の好投手・三浦銀二がいる福大大濠との対戦となった。第1打席で四球を選んだ清宮は、第2打席ではインサイドへのストレートを上手く捌いて二塁打を放った。

 内角の制球に自信を持つ三浦の真骨頂、打者の体の近くに投げ込んだ一球。それに怯むことなく、軸を保ったまま放った一打に、インサイドへの苦手意識を払しょくしたように見えた。

 三浦はこれで清宮に投げる球がなくなり、結果は1打数1安打4四死球。6対4で早稲田実が勝利し、いよいよ決勝まで駒を進めた。

 決勝の履正社戦、清宮はもはや手がつけられない状態となった。第1打席、清宮は真ん中に入ってきたストレートを叩き、ホームランを放つ。履正社の左腕・松井百代は左打者に向かっていく軌道のカーブで清宮を攻めたが、清宮は動じなかった。清宮のインサイドへの苦手意識を再び呼び起こして、主導権を握りたかった履正社バッテリーは、いきなり出鼻をくじかれた。

 試合中盤、履正社のマウンドにはエースの竹田祐が立った。竹田は清宮に対し、内角高めのストレートや膝元に落ちる変化球を多投した。履正社バッテリーは日大三が見せた攻めを再現したが、それでも清宮の体は開かない。結局、竹田は清宮に対し有効な攻めができず、2四死球を与えた。

 試合は履正社が乱打戦を制し、秋の王者に輝いた。清宮は3打数2安打2打点。優勝はならなかったが、しっかり対策を講じてきた履正社の積極的な攻めに屈しなかった。


◎新たな攻略法は出てくるのか


 清宮は日大三戦でさらされた弱点を短期間で一気に修正してきた。一つの攻め方で抑えられるとすぐさま修正を施し、二度と同じやられ方はしない。その対応力こそが「清宮たる所以」なのかもしれない

 高校野球は明治神宮大会を終え、しばらくシーズンオフに入る。次の公式戦は来年3月に行われる春のセンバツだ。大きな問題が起きない限り、早稲田実はセンバツ出場校に選ばれ、甲子園で清宮のプレーが見られるはずだ。

 全国の強豪校は、また新たに清宮攻略に向けた策を練ってくるだろう。そのとき、清宮はどのような対処を見せるのか。ハイレベルな攻防の続きを甲子園で楽しめそうだ。


文=長嶋英昭(ながしま・ひであき)
東京生まれ、千葉在住。小学校からの友人が、サッカーのU-18日本代表に選出されたことがキッカケで高校時代から学生スポーツにのめり込む。スポーツの現場に足を運びながら、日本各地の観光地を訪れることが最大の生きがい。現在はアマチュアカテゴリーを中心にスポーツ報道の仕事に携わっている。

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 高校野球・ドラフト情報コラム&ニュース一覧#7
  3. 解き明かされかけた攻略法。すぐに修正を施した清宮幸太郎(早稲田実)。秋を全国準優勝で締める

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.