週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 山梨みどころ】垣越、荘司のドラフト候補左腕に注目! 県内屈指の長距離打者・東小橋川を見よ

投手編〜プロ注目の左腕が2人

注目投手 垣越建伸

 東海大甲府は豊富で多彩な投手を擁する。
小柄ながら小気味のよいテンポで投げ込む内村龍也と緩急を織り交ぜ、制球力のある加藤匠が中心。
1年生からマウンドに登るなど経験豊富で、威圧感もあり、140キロ超を投げ込む小野寺瑞生、多彩な変化球で打ち取る左腕・渡部雄大などが控えている。
大事な場面での継投のタイミングが大きなポイントになる。

 山梨学院にはプロ注目の大型左腕・垣越建伸がいる。
最速は145キロに達した。
マウンドに登ると球場の雰囲気が一変し、勝利をぐっと引き寄せるようなオーラがある。
試合では垣越が後ろに控え、速球派左腕の星野健太、技巧派の相澤利俊、制球力がいい鈴木陽翔、粗削りながら力投派の中込幸汰らで中盤まで試合を作っていく。

 駿台甲府は140キロ超のストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に、凡打の山を築くプロ注目の左腕・荘司宏太が絶対的エース。
昨夏から秋、春と3季連続準決勝で惜敗しており、最後の夏に懸ける。
昨年から主力の杉田俊介、成長著しい2年生・羽鳥響も好投手。
エースをサポートしていきたい。

 帝京三の二枚看板、経験豊富な阪誠也、加山和樹は、いかに粘りの投球ができるかがポイント。

 廣瀬綾斗(甲府城西)は手元で伸びる130キロ後半のストレートと鋭く落ちるフォークの切れが身上。
渡辺涼太(甲府工)は緩急自在に両コーナーに投げ分け、打者の狙いを外す。
身延のダブルエース・土橋奎太&田中涼雅、速球派左腕の中込幸汰(増穂商)、白須汐音(都留興譲館)、宮下友輝(巨摩)などの好投手にも注目したい。

野手編〜カギを握る1・2番コンビ

注目野手 山本將太

東海大甲府の切れ目のない打線は全国クラスだ。
中軸の大畑育海、山本將太、小野寺瑞生はパワーだけでなく、逆方向にも長短打を打ち分ける。
状況判断力と技術力の高さを感じる。
春季県大会はケガ人続出で打線に繋がりを欠いた。
俊足巧打の高橋大志と器用な二村航多の1・2番コンビの復活がポイント。
大型の牧内大斗、シュアな打撃を見せる金井大翔のほか、篠田京介、寺島健太、浅井怜於など、どの選手も力がある。

 大型選手はいないものの、繋ぐ意識が強い選手が揃う山梨学院。
俊足で好打者の中尾勇介、小技の上手い清水雄登の出塁率の高さが主導権を握るポイント。
中軸には左の相澤利俊、星野健太、右の佐古一馬、藤本新大と勝負強い打者が並び、一気に畳みかける集中攻撃は脅威だ。

 駿台甲府は兄弟で1・2番を担う杉田俊介、杉田大貴が俊足を生かしてかき回す。
主将の森本龍司、村井友哉、河村孝太郎は力強いスイングで長打力がある。

 県内屈指の長距離砲・東小橋川大(帝京三)、長打が魅力の坂本司、佐野陸(甲府工)、一発がある矢吹竜誠、米山明義(韮崎工)らのパワフルな打撃は見逃せない。

 センスを感じ、三拍子そろったタイプは舟久保秀稔(甲府工)と原田燿大(日本航空)、チームを牽引する主将の長田竜輝、ガッツのある山本彪世(ともに甲府城西)、ミートが上手い佐野貴紀、千頭和悠吏(ともに身延)、強肩の程原京哉、長田大河(ともに都留)など個性が光る選手にも注目したい。

大会展望〜本命2強の牙城を崩せるか?

山梨 勢力ピラミッド

昨秋の王者・東海大甲府は破壊力十分な強力打線が自慢だ。
今春の王者・山梨学院は集中打で畳みかける攻撃に、安定感ある投手力を誇る。
この優勝候補2校を追うのが、秋春ともに準決勝で敗れている駿台甲府。
試合経豊富な選手が多く、2強に劣らない戦力。
粘り強く戦う帝京三、強力打線の日本航空、大型選手を揃える甲府工、投打のバランスがいい甲府城西、古豪の日川、都留興譲館、笛吹、巨摩、増穂商などにも好選手が多く、打倒私学に闘志を燃やす。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方