週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

オフの風物詩は“新変化球”探し!? 斎藤佑樹のチェンジアップ、菅野智之のシンカーがトレンド?

オフの風物詩は“新変化球”探し!? 斎藤佑樹のチェンジアップ、菅野智之のシンカーがトレンド?

 シーズンオフといえど、選手たちは春の始動に向けて汗を流している。

 秋季キャンプから自主トレの時期にかけて、風物詩となっているのが「新変化球」の探究だ。新シーズンに向け、投球の幅を広げるべく、新たなウイニングショットを手にするべく、投手たちは盛んに魔球習得に励む。

 今オフは誰がどんな魔球の習得に挑んだのでいるのか。トレンドを調査してみた。

チェンジアップ


 リリーフ陣を中心に流行の兆しを見せているのはチェンジアップ。岩瀬仁紀(中日)、高橋聡文(阪神)、石山泰稚(ヤクルト)、菅原秀(楽天)らがチェンジアップ習得への意欲を示している。

 平井克典(西武)もオフのトークショーで「企業秘密の新球種を磨いている」と怪気炎を上げたが、すぐさま同席する辻発彦監督にチェンジアップであることをバラされた。

 そのほか、先発勢では中川皓太(巨人)や斎藤佑樹(日本ハム)もチェンジアップで勝負をかける。なお、斎藤のチェンジアップは東スポが命名権を譲り受け、公募で決定される予定だ。

 縦横だけではなく奥行き勝負も増えてきた現代野球。岩瀬が「若い子はみんな投げている」と語るようにベテランの人気を集めそうだ。

シンカー


 今オフ、じわりとブームになり始めているのがシンカー。菅野智之(巨人)が魔球・ワンシームを進化させ、高速シンカー習得を目指していると報じられたが、そのほかにも又吉克樹(中日)、黒木優太(オリックス)、高梨雄平(楽天)も習得を目指している。


その他


 大きなトレンドはチェンジアップとシンカーだが、まだまだ新球候補は盛りだくさんだ。

 今永昇太(DeNA)はパワーカーブ、西村健太朗(巨人)はシュート、秋山拓巳(阪神)はフォーク、才木浩人(阪神)と青柳晃洋(阪神)はカットボール……と枚挙に暇がない。

 ただし、この風物詩のほとんどが実用されることなく終わるのが悲しいところ。誰のどの変化球が高い壁を乗り越え、実戦で使用されるのか。オープン戦から“新魔球”に注目してみたい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方