野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

2番・坂本勇人…。奇策? やぶれかぶれ? 今季の“珍オーダー”を球団別に選定!(セ・リーグ編)

2017-10-11(水)0:00


 野球のオーダーには美しさがある。古くは巨人の「3番・王貞治、4番・長嶋茂雄」など、その字面と並びだけでもファンを熱くさせる情景が思い浮かぶ。

 ただ、長いシーズンではイレギュラーもある。またはアクシデントで想像もできない並びが生まれることもある。結果は別として、イレギュラーなスタメンにもファンの心を揺さぶる「何か」がある。

 今シーズンはどんな並びがあったのか。球団別に今季一番の“珍オーダー”を勝手に選んでみた!

◎ドミニカの2連星


■9月24日:広島(対中日)
1(遊撃):田中広輔
2(右翼):野間峻祥
3(中堅):丸佳浩
4(左堅):バティスタ
5(一塁):メヒア
6(三塁):西川龍馬
7(二塁):小窪哲也
8(捕手):會澤翼
9(投手):野村祐輔

 早々に優勝を決め、CSに向けた1軍枠争いにシフトした広島の珍オーダーはこれだろう。4番にバティスタ、5番にメヒア。2人ともドミニカ・カープアカデミーから育成契約を経て、1軍に駆け上がってきたホープ。2軍レベルはすでにクリアしており、消化試合でも重厚な打線を形成する広島の底力を見せつける夢オーダーだ。


◎まさかの4番本起用


■9月2日:阪神(対中日)
1(右翼):糸井嘉男
2(遊撃):植田海
3(左翼):福留孝介
4(一塁):大山悠輔
5(中堅):中谷将大
6(三塁):鳥谷敬
7(二塁):上本博紀
8(捕手):坂本誠志郎
9(投手):能見篤史

 阪神ファンの間で議論を呼んだのは「4番・大山悠輔」の起用だった。前日の試合で4番に座った大山だが、福留孝介の休養日であり、経験を積ませるための4番起用かと思われた。しかし、この日は福留孝介や糸井嘉男がスタメンに名を連ねるなかでの4番起用。確かに大山は好調だったが、ルーキーの4番抜擢には内外から賛否の声が噴出した。

 「阪神の4番」は簡単に務まるものじゃない。大山は9月の12試合に4番でスタメン出場したが、打率.170と奮わず、シーズン打率を大きく下げてしまった。変革を貫く姿勢か時期尚早か。金本知憲監督の意地にも見えるが……。とはいえ、大山のメンタルが強そうで何よりだ。


◎「8番・投手」の起点


■4月14日:DeNA(対ヤクルト)
1(中堅):桑原将志
2(右翼):佐野恵太
3(一塁):ロペス
4(左翼):筒香嘉智
5(三塁):宮崎敏郎
6(二塁):田中浩康
7(捕手):戸柱恭孝
8(投手):ウィーランド
9(遊撃):倉本寿彦

 ラミレス采配の看板になりつつある「8番・投手」。5月4日以降、DHのない試合では「8番・投手」を貫いているが、4月にも1試合だけ採用した試合があった。

 キーマンはウィーランドだ。今季は特に広島戦で猛威を奮い、広島戦は打率.538(13打数7安打)、3本塁打、9打点の好成績。バットでも存在感を示している。しかし、この日は2試合目の登板で、1試合目はヒットなし。オープン戦でもヒットはなく、打撃実績ゼロでの起用だった。打撃練習でそれだけの素質を示していたのか。「8番・投手」の起点は、思い切った采配だった。

◎連敗で煮詰まった末の……


■6月8日:巨人(対日本ハム)
1(中堅):陽岱鋼
2(遊撃):坂本勇人
3(三塁):マギー
4(一塁):阿部慎之助
5(DH):村田修一
6(左翼):石川慎吾
7(右翼):長野久義
8(二塁):クルーズ
9(捕手):實松一成
投手:池田駿

 球団ワースト記録の12連敗に並んだ巨人が打った奇策。それまで2番には立岡宗一郎や橋本到らを起用していたが、思い切って坂本勇人を2番に……というオーダー。3番から後ろを思い切って前に詰めてみたという感じだが、強打の2番が流行りとはいえ、どうしても「2番・坂本」に違和感を抱く。

 ちなみにこの試合は投手陣が崩壊し、2対13で敗戦。翌日の試合では上位打線の並びは変えず、先発のマイコラスの踏ん張りもあって2対1で連敗を脱出したが、球団ワースト記録を作った13連敗目の試合は迷走気味のオーダーだった。


◎中日も!? 「8番・投手」が見事に機能


■10月1日:中日(対ヤクルト)
1(遊撃):京田陽太
2(二塁):亀澤恭平
3(中堅):遠藤一星
4(一塁):福田永将
5(三塁):高橋周平
6(右翼):井領雅貴
7(捕手):松井雅人
8(投手):伊藤準規
9(左翼):友永翔太

 ビシエド、大島洋平、ゲレーロの離脱もあり、消化試合はかなり混沌としたオーダーになっている中日だが、10月1日にはDeNAよろしく「8番・投手」を採用した。

 この試合では3回に7番・松井雅人が四球で出塁すると、8番の伊藤準規がバント、9番の友永翔太がタイムリー二塁打を放ち、いきなり「8番・投手」が当たった。6、7番に打力がない場合、比較的効果があるといわれる「8番・投手」だが、中日の現状を考えると現実的なオプションになりそうだ。


◎古巣を見返せ! 驚きの4番起用


■6月11日ヤクルト(対ロッテ)
1(左翼):坂口智隆
2(中堅):上田剛史
3(二塁):山田哲人
4(一塁):大松尚逸
5(右翼):雄平
6(DH):グリーン
7(遊撃):大引啓次
8(捕手):中村悠平
9(三塁):藤井亮太
投手:ブキャナン

 今季のヤクルトではバレンティン、山田哲人、雄平、畠山和洋が4番を務めたが、1試合だけ驚きの4番起用があった。6月11日のロッテ戦で4番を張ったのは、なんと昨オフにロッテを戦力外になった大松尚逸。古巣のロッテ戦で4番に起用する真中満監督の遊び心たっぷりのサプライズだった。

 ヤクルトは初回に7得点を奪うと、9対6で逃げ切り勝ち。大松も古巣を見返すべく大爆発……と言いたいところだったが、4打数0安打に終わった。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#3
  3. 2番・坂本勇人…。奇策? やぶれかぶれ? 今季の“珍オーダー”を球団別に選定!(セ・リーグ編)

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.